2018年4月20日金曜日

“新ドクターカー”が誕生しました!~ECMO Car , DMAT Car & 地域病院救急車~

みなさま
お久しぶりです。今年で10年目の医師となりました。小倉です。
今回は、前橋日赤の“新ドクターカー”について、紹介したいと思います。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、前橋赤十字病院は6月に新病院に移転します。
移転に伴い、様々なものが刷新されているわけですが、このたび、ドクターカーも新規購入となりました。
それが、コチラです!(写真)
通称、「ECMO Car(エクモカー)」!!

なんと、このドクターカーは、ECMO患者も安全に搬送できるように、小倉をリーダーにチームを結成して1年かけて設計しました。このチームは、ドクターだけでなく、看護師、臨床工学士、総務課、社会課、などの病院の全部署の代表が集まって結成されました。
振り返れば、素晴らしく機能したチームでした。チームのみなさまには、この場をお借りして感謝申し上げます。


さて。このECMO Car。何がすごいか?というと、ずばり、その搬送能力です。
今までのドクターカーは、車内スペースが狭く、ECMO患者を運ぶのには大変苦労したものです
ECMOは、つまり、人工心肺ですから、それが装着された患者さんは、いわずもがな、最重症!!
そのECMO患者さんを運ぶのに、今までは不安しかなかった…。
旧ドクターカーはスペースも無いし、もちろん、活動スペースもない。。。旧ドクターカーの中でECMOにトラブルが発生したら…おしまいです。。。(実際にトラブルを起こしたことはありませんでしたが、ヒヤヒヤしながら運んだものです。)

しかし!しかし!
これからは大丈夫です。ご安心ください!
新ドクターカーは、2tトラックを改造して作った救急車で、車内スペースは広々としていて、活動スペースもバッチリです。
 ちょっとした手術も、このドクターカーの中で展開できるでしょう。

そして、ECMO患者を搬送するためのストレッチャーは、僕が留学していたイギリスから輸入し、可動性もバッチリ。
そして新ドクターカーにはパワーリフトまで搭載sれていて、ECMOのように重たい医療デバイスが装着されていても、楽々車内収容ができます。

もちろん、大型バッテリーも搭載していますので、3時間以上の長距離搬送も可能です。
あぃやぁ…いままでの苦労は何だったんだ…

車両の購入には多少のお金もかかりましたが、患者さんの安全・安心な搬送のため、よりより車両を購入できてよかったです。
もちろん、病院の資金だけでは不十分でしたので、群馬県や日本赤十字社群馬県支部からもご理解をいただき、少額とは言えないくらいの大きな補助をいただき、なんとかこの素晴らしい新ドクターカーを配備することができました。
みなさまには、心から感謝申し上げます。


また、この新ドクターカーには「地域病院救急車」という機能もあります。
前橋赤十字病院への転院搬送だけでなく、地域の中で発生する転院搬送にも、対応するのです。

もちろんそれ以外にも、災害時には「DMAT Car」として出動します。
車内には通信設備や情報収集のためのテレビ、DMAT本部を立ち上げるためのテント設備やバッテリー電源なども搭載されています。有事の際も、この新ドクターカーはその潜在能力を最大限に発揮してくれることでしょう。


前橋赤十字病院は、重症の心不全や呼吸不全のためにECMOが必要となった群馬県内の患者様へ最善の医療を尽くしてゆく所存です。
今まで重症すぎて搬送できなかった患者さんも、我々が出向き、お迎えにいくことで、当院で高度な医療を受けられるようになります。

そのために我々はこの新ドクターカーを配備しました。
これからも高度救命救急センターの名に恥じぬ仕事をしてゆこうと思います。
我々は、高度救命救急センターとしての地域の使命を果たしてゆくべく、これからも努力してゆきます。

2018年4月18日水曜日

高度救命救急センター 2017年度活動実績報告

移転の準備で時々新病院に足を運ぶことがあり救命救急センターの入口前も通るのですが、そのたびに新病院への期待とともに今の病院への愛着も強くなります。


群馬県ドクターヘリ、前橋ドクターカーの実績も含めて、「前橋赤十字病院 高度救命救急センター」の2017年度活動実績の報告です。(手元にある資料で作成したため速報値となります。)

☆☆高度救命救急センター 2017年度活動実績☆☆

救急外来受診数、救急車搬送数ともに横ばいです。
ドクターヘリ、ドクターカーともに出動件数が増加しています。
救急外来受診者数は横ばいですが入院患者数は増加しています。

新病院への移転の際して患者移送中のトラブルは絶対に避けなくてはいけないことであるため、移転前後で短期間ですが診療制限がかかることがあり、患者さんや近隣の消防・医療関係者にはご負担をおかけすることをお許しいただけると幸いです。
これからも前橋赤十字病院高度救命救急センターの活動へのご理解とご協力のほどよろしくお願いします。

2018年4月16日月曜日

平成28年熊本地震から2年がたちました。

町田です。
2016年4月14日夜と16日未明に2度の震度7を観測した「平成28年熊本地震」から2年が過ぎました。この地震で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

2年前の4月14日に当院でも「災害対策本部」を設置したものの、情報収集チームを残して本部を解散した矢先の16日の本震に本当に驚かされたとともに、本部解散のタイミングの難しさを思い知った苦い思い出が残っています。

当院スタッフも災害急性期のドクターヘリの運航調整から亜急性期~慢性期の日赤災害医療コーディネータや日赤医療救護班など、様々な機会で災害救護活動に参加させていただいました。その際に多くの地元の方々の温かいご支援に心より感謝いたします。

その後も度重なる豪雨被害などもあり、復興に向けてまだまだ大きな働きかけが必要なところもあるようですが、我々も様々な形であの時お世話になった恩返しをできるように取り組んでいきたいと考えております。

3.11に続いて我々は「4.14,16」も忘れません。

2018年4月15日日曜日

前橋ドクターカー 2018年3月&2017年度活動実績報告

昨日の群馬県ドクターヘリに続いて2018年度3月&2017年度前橋ドクターカーの活動実績の報告です。
前橋ドクターカーについては毎月2回(消防が交代業務のため両方の勤務の方々が参加できるようにするため)の事後検証会を繰り返して、アンダートリアージゼロを目指すとともに要請判断、活動内容の質の向上に努めています。
 
3月からは群馬大医学部附属病院を基地病院として前橋市内に2台目のドクターカーが誕生しました。まだ試験運用(月・水のみ)ですが2台のドクターカー&ドクターヘリが適切に要請され、かつ有効な活動ができるように協力して頑張りたいと思います。
 
次回の報告から「前橋ドクターカー日赤」として「前橋ドクターカー群大」と合わせて活動実績の報告をさせていただく予定です。

 
 
 
<前橋ドクターカー 2018年3月&2017年度活動実績>
 
上段:活動種別 中段:搬送先病院 下段:疾患分類

上段:月別要請数 下段:月別出動数

年度別要請・出動数
 
2017年度のドクターカー実績のまとめです。
 
・ドクターカー要請数:493件(前年度比 +39件)
・ドクターカー出動数:412件(前年度比 +53件)
・ドクターカー未出動数:81件
*未出動数のうち代替え出動数:5件(群馬DH 5件)
応援出動合わせての出動率:84.6%
 
☆2018年度の目標:『(応援出動合わせて)要請応需率(出動率)=100%』

 

最後に2017年度の群馬県内に存在するドクターヘリ、防災ヘリ、ドクターカーによる病院前診療の実績です。年間約2000件の出動があり、うち1500件ほどで医療スタッフによる病着前の早期医療介入が行われています。
さらに県内各救命センター・各病院の救急スタッフ、そして隣県のドクターヘリ・カーも合わせて、2018年度も早期医療介入が必要な傷病者に対して最も早く救急医療チームによる医療を開始できる仕組みをさらに熟成させていきたいと考えています。



2018年4月14日土曜日

群馬県ドクターヘリ活動実績をホームページに更新しました。

Web担当の伊藤です。

新年度開始から、もう2週間が経過してしまいました。
病院では新規採用者に対するいろいろなオリエンテーションがこの時期に行われ、落ち着くまでは気が休まりません。
でも、新規採用者はもっと気が休まりませんね。

筆者も、辞令交付式の後、新規採用の医師の顔写真を撮影しています。
新しく救急科に配属になった先生たちも、全員撮影することができました。



このリストについては、高度救命救急センターのホームページに全員分掲載しています。

https://www.maebashi.jrc.or.jp/icuqq/staff/index.html

群馬県出身者より、他県出身の先生たちが多いのには驚きます。

また、歓迎レセプションという行事も行われており、ここでは新規採用者が、在職職員にお披露目されます。

今年は13人の初期研修医が入職しました。
新病院移転ありの、当院での2年間の研修を応援したいですね。


実は初期研修医の出身地も、他地域が多いです。

2017年度の群馬県ドクターヘリ活動実績報告も、締めとなります。

http://www.gunma-redcross-icuqq.com/dr-heri/content05.html

来月からは、新年度の実績のご紹介、そして、6月はいよいよ新病院への移転が控えます。
新病院のヘリポートから飛び立つドクターヘリの姿を、なんらかの形でみなさまにご披露したいです。

今年度も、高度救命救急センタースタッフブログをよろしくお願いいたします。

2018年4月13日金曜日

群馬県ドクターヘリ 2018年3月&2017年度活動実績報告

2018年3月&2017年度の群馬県ドクターヘリの実績報告です。
昨年度中も大きな事故もなく1年間活動を続けられたこと、また早期医療介入のため毎事案ごとに尽力していただいたすべての関係者の方々に心より感謝いたします。
 
 
<群馬県ドクターヘリ 2018年3月&2017年度活動実績>
上段:活動種別 中段:搬送先病院 下段:疾病分類
上段:月別要請数 下段:月別出動数
2017年度消防別出動・要請数
ドクターヘリ広域連携により栃木県・埼玉県からも要請を頂いています。

2017年度のドクターヘリ実績のまとめです。
年度別要請・出動数
過去最多の要請・出動数となりました。
1.活動実績
・ドクターヘリ要請数:1344件(前年度比 +237件)
・ドクターヘリ出動数:956件(前年度比 +180件)
*隣県への応援出動:28件(栃木県 4件、埼玉県 24件)
・ドクターヘリ未出動数:388件
*未出動数のうち代替え出動数:80件(防災ヘリDH的 19件、栃木DH 18件、埼玉DH 13件、佐久DH 6件、足利DC 2件、高崎DC 12件、前橋DC 10件
応援出動合わせての出動率:77.1%
 
☆2018年度の目標 その1:『(応援出動合わせて)要請応需率(出動率)≧80%』
 

2.時間経過
・覚知から要請までのタイミング:現着前要請率 70.8%↑(2016年度 61.4%)
・覚知から医師接触までの時間:30分ルール達成率 46.5%↑(2016年度 40.6%)
・覚知から病院到着までの時間:60分ルール達成率 50.2%↑(2016年度 48.0%)
 
☆2018年度の目標 その2:『現着前要請率≧80%

☆2018年度の目標 その3:『30分ルール・60分ルール達成率≧60% 

 
2018年度はさらに迅速な活動をめざし、さらに重複要請に1件でも多く対応して最終的に未出動を減らしていくのが大きな目標です。
今年度もどうぞよろしくお願いします。

*2017年度の活動実績の詳細は後日「群馬県ドクターヘリホームページ」に更新します。
 

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...