2018年2月18日日曜日

ドクターヘリ運航“9周年”でした・・・~今日は群馬県ドクターヘリの誕生日~

皆様、おはようございます。
2月18日は「群馬県ドクターヘリの誕生日」です。

最近のブログで何度か“いよいよ10周年”と書いてきましたが・・・実は今回は9回目の誕生日、つまり“9周年”でした。
群馬県ドクターヘリの運航開始は2008年度でしたが運航開始日は2009年2月で、町田の完全なる勘違いであったことが発覚しました。皆様、誤った情報を流してしまい申し訳ありませんでした。
最近は固有名詞が出てこなかったり日付がわからなくなったり、ちょいちょい心配なことが増えてきてはいましたが・・・これに懲りずにこれからも情報発信を続けていきますのでどうぞよろしくお願いします。

最近のいくつかの記事は訂正文を追記させていただきました。
http://drheli-gunma.blogspot.jp/2018/01/201810.html
http://drheli-gunma.blogspot.jp/2018/01/201712.html
http://drheli-gunma.blogspot.jp/2018/02/1_3.html


今まで9年間、安全運航のためご協力いただいている消防、警察、自衛隊などの関係者の方々、患者さんの受入を快諾していただいている各病院関係者の方々、そしてドクターヘリ活動を応援して下さる皆様に心より感謝いたします。
10周年を迎えた際には、皆様への日頃の感謝の気持ちをに何か還元できるようなイベントを行いたいと考えています。


2018年2月17日土曜日

新病院の外観がほぼ完成しました!~新病院ヘリポートの紹介~

町田です。
前橋赤十字病院の新病院建設がいよいよ大詰めを迎えました。
☆新病院建設ブログ → http://kensetsu-maebashi.blogspot.jp/

群馬ヘリポートから今の前橋赤十字病院までドクターヘリで移動する間に新病院建設現場をいつも上空から眺めていましたが、基礎工事の時は「時間がずいぶんかかるな~」って感じていたものの、建物の建築が始まってからはかなりの速さでできていくように感じました。
正面玄関側(南側)からみた新病院建設現場

いよいよヘリポートにも国際基準を満たした赤に白地の「丸H」と書かれた塗装が施されました。
ちなみに地上ヘリポートは自衛隊のCH-47が離発着できる大きさと強度があり、ドクターヘリのような小型ヘリも複数機停まれるようになっています。もし大規模災害が発生した時に、被災地から自衛隊機で多くの患者を搬送して来ていただき、当院で安定化治療を行った後にドクターヘリ等で分散搬送する基地(SCU)になれるように考えています。
また屋上にもヘリポートを設置し、多数傷病者が発生したような場合や防災ヘリドクターヘリ的運用などでエンジンカットせずに医療スタッフをピックアップする際に使用するなどを考えています。

いずれにしても今まで強風で病院屋上ヘリポートが使用できずに困ってしまうことが解消され、給油も基地病院でできるようになるため給油のために群馬ヘリポートに移動していたタイムロスも大きく減少します。
しかし群馬ヘリポートで毎日防災航空隊や警察航空隊の方々と顔を合わせることがなくなってしまうのがさびしいとともに、これからの世代のスタッフが防災ヘリ、県警ヘリとの今まで築いてきた連携をがいかに保っていけるかが試されます!

2015年10月(東から)
2016年4月(北東から)
2016年10月(西から)
2017年4月(南西から)
2017年10月(西から)




2018年2月16日金曜日

「平成29年度関東ブロックDMAT訓練」に参加しました。

町田です。
先週末に栃木県が主催で開催された「平成29年度関東ブロックDMAT訓練」に、当科からはコントローラー(訓練企画側)として中村センター長と僕が、プレイヤー(訓練受講側)として宮崎部長と小橋先生が参加しました。

僕自身は夏の政府訓練と冬の関東ブロック訓練においてここ何年もずっと災害時のドクターヘリ(および他機関ヘリ)の運用に関わる部分を企画担当していますが、今回は栃木県ドクターヘリ基地病院である獨協医科大学の和氣准教授と一緒に「指揮命令系統」「ヘリの参集場所」「より有効なヘリの飛行経路」などを数か月にわたり考え続けました。

そして実際の訓練当日は栃木県庁に設置された航空運用調整(ドクターヘリ調整部)で千葉北総の本村先生が、獨協医科大学病院に設置されたドクターヘリ本部で僕が、ただドクターヘリの飛行計画を立てるだけではなく、「火山噴火に関わる安全対策・活動方針」「残燃料(給油)を含めた飛行計画」「日没時間の確認と夜の繋留場所の調整」「現場からの要請に対するアクション」など実災害対応から得られた経験をもとに様々な負荷をかけて、ヘリ運用に関わる調整をたくさんしていただきました!
今回の訓練での使用した運航管理表
搬送計画と指揮命令系統


災害時のドクターヘリ運用に関して一昨年12月に厚生労働省から指針が出たおかげで共通認識として動けるようになってきましたが、実際に動こうとすると細かい部分がまだまだ詰められておらず、このような訓練の経験を全国の基地病院や運航会社の方々に共有していかないと感じました。
そういう意味では、今回の訓練では栃木県ドクターヘリに関わる獨協医科大学救急スタッフの皆様、本田航空の皆様がこのような訓練に積極的にかかわっていただき、今までの訓練で企画や運営に関わっていた千葉北総、前橋日赤、そして朝日航洋のメンバーと共同作業や意見交換ができたことはとても大きなことだと感じました。
獨協医科大学病院救命救急センター内に設置されたドクターヘリ本部
栃木県ドクターヘリは実際に訓練の中で2フライトしていただきました。

先日の草津白根山の噴火災害の時も栃木県ドクターヘリに群馬県まで応援に来ていただきましたが、その時に生きたのが平時からの連携でした。今回は顔の見える関係のさらなる強化に大いにつながったと思います。


ちなみに栃木県庁のある宇都宮市は餃子で有名です。訓練前日のコントローラー打ち合わせ会議のあとは大学病院医療の先輩に、訓練当日の懇親会のあとは大学部活の先輩とともに2日連続で餃子を堪能しました!
僕にとっては関東ブロック訓練が終わるといよいよ政府訓練に向けた準備が始まります・・・今年(来年度)の訓練の舞台は「四国4県&大分・宮崎県」です!

2018年2月14日水曜日

『第23回日本集団災害医学会総会・学術集会』に参加しました。

藤塚です。
/1~3 横浜で、第23回日本集団災害医学総会・学術集会が開催されました。


 
当院からは、中野院長・高寺師長・中村部長・町田副部長が座長のほか、下記演題発表がありました。
藤塚健次 ワークショップ:
「災害現場の【黒】における診療と対応について」
・中村光伸 ワークショップ:
「災害時のドクターヘリ運用 過去の災害から学び、今後の災害に活かす」
・町田浩志 口演:
「大規模災害時におけるドクターヘリのより効率的な運用」
 
 
私も短い時間でしたが、この学会で多くのことを学びました。
特に、最新(でもないですが)機器、ドローンを使った現場把握、ネット環境を駆使した情報収集・発信、トリアージの電子化など災害時にさまざまな対応が可能なことを改めて知りました。
 
また、私の発表セッションはトリアージを検討する内容であり、現場では実際にはトリアージタグに多くのことを記載できない、またカテゴリ別によるタグ記載の内容検討が必要なこと、などなど実際経験者の方々のお話もきけ、非常に勉強になりました。
 
 
我々の経験を多くの方に伝え、次なる災害にスムーズに対応できるようにしていきたいです。

2018年2月13日火曜日

JATEC前橋コースにコーディネーターとして参加しました!~教育・研修コースを支える裏方~

こんにちは、劉です。
2017年度のJATEC前橋コースが12728日に当院で開かれました。私は、コースコーディネーターとしてこの古い前橋赤十字病院の建物で行う最後のコースを担当させていただきました。


JATECというのは日本外傷医学会、日本救急医学会が主導で普及にあたっている外傷初期診療を学ぶコースです。2日間の中には座学や人形を使った実際の症例に準じたシミュレーションを行うなど内容は非常に濃いものとなっています。


自分は今回「コース・コーディネーター」という立場で完全な裏方に回りました。

コーディネーターというと名前はカッコいいですが、その仕事内容は、各受講生や各講師と連絡をとったり、社会課事務と協力して当日配布用の資料を作ったり、会場設営をしたり、当日になればコースが健全に運営できているのかをチェックして回ったり、不具合や問題などに対処したりする裏方の役目です。
実は自分はそこまで裏方の役目は嫌いではありません。慈恵医大にいるときも文化祭実行委員の副委員長として主に雑務を担当していました。主役はゆずり、裏方で土台をしっかり築く、そんな立ち回りが自分の性にあっている気がしています。

とかなんとかいい感じで書いてみましたが、コーディネーターの仕事は多量で、各歴代コーディネーターとその苦労を共有することで平静を保っておりました。
何より無事終了できて本当に良かったです。これも全てご協力を頂いた各講師の皆様方、予習をしっかりしてくれた(はず)の受講生たち、社会課の皆様、事務局の佐藤様、タスク参加していただいた皆様、コースディレクターの高橋先生、町田先生、もう一人のコースコーディネーターとして尽力していただいた藤塚先生のおかげです。
 
 
来年からは新病院でのJATEC前橋コースになります。場所など色々変更点はあると思いますが、新しい環境でのJATECコースというのも少し楽しみです。
でもきっとお昼の登利平は変わらないでしょう。

2018年2月11日日曜日

「ビデオ硬性挿管用喉頭鏡講習」に講師で参加しました。

町田です。
27日に群馬県消防学校で開催された「ビデオ硬性挿管用喉頭鏡講習」に講師として参加しました。5回目を迎えた本講習会に僕は初回から参加しています。今年は昨年に続いて中村センター長、小橋先生、そして僕の3人が、群馬大学麻酔科と集中治療部の3名の先生とともに参加しました。


僕個人的には昔ながらの喉頭鏡が使い慣れていて、実際にドクターヘリ・カーなどの活動でビデオ喉頭鏡は使用したことがありません。しかし毎年この講習会に参加することで、自分の知識と技術が確認できており、実際に院内で通常の喉頭展開が難しい患者さんにビデオ喉頭鏡を使用して安全に挿管が出来たことがありました。

また資格を持った救急救命士が気管挿管を行うためのプロトコールや、それにビデオ喉頭鏡が加わったときのプロトコールをあらためて確認する良い機会となっています。


講習会は受講対象の救急救命士(消防学校なので“学生”)4名に対して医師1~2名と指導救命士1名がついて主に実習がメインで進んでいきます。最後にシナリオベースの実技試験があるのですが、すでに受講している学生は静脈路確保、気管挿管の資格を持っている方々ばかりのため、現場活動のデモンストレーションを見ているような素晴らしい活動を披露していただきました。僕は試験官という立場で無理なくビデオ硬性挿管用喉頭鏡を使用して挿管が必要なシチュエーションを想定しながらシナリオを作成しましたが、実際に体験した大変だった症例をベースに作ったために学生もとても苦労をしながら試験を受けていました。でもこの経験は必ず現場で大きな助けになると信じています。

ちなみに昼食は1年前からリクエストしていた「ポークカレー」でした!オムレツまでついていましたよ!!


医療スタッフが病院前にどんどん出ていく時代になりましたが、それでも発症直後から医療を開始できるわけではないため、これからも救急救命士やバイスタンダーへの教育にさらに力を入れていきたいと思います!

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...