投稿

注目の投稿

EuroAsiaのご報告 <高橋先生から>

イメージ
欧州集中治療学会(ESICM)主催のEuroAsia2024で発表をさせてもらいました。会場はインドのバンガロールで06/20-23に開催されました。 演題名は「Impact of improving decision-making process on ICU nurses: A single-center before-and-after study」です。質の高い意思決定支援は患者だけでなく、終末期に対する看護師の満足度を向上させる可能性があります。昨年このテーマで系統的レビューを行いましたが、各研究における介入方法や対象となった看護師集団のばらつきが原因で結論づけることが出来ませんでした。そこで、当院ICUにESICMが提唱した意思決定支援のフレームワークを導入し、終末期ケアに対する看護師の満足度への影響と、より有効な看護師層の検討を行いました。 発表に関しては初の国際学会だったこともあり、数ヶ月前から英会話、原稿音声作成、通勤時間にリスニングなど準備を行なってきましたが、インドに入国するなりインド訛りに圧倒され自信を喪失しながらの会場入りでした。本番は師匠の助けもあり、間違えながらも胸を張ってできたと思います。AIもあるし英語の勉強は不要という考えは180度変わり、これからも継続していこうと決心した国際学会でした。会場は非常に豪華でBGMなど日本にはない雰囲気でした。平時の臨床業務が世界と繋がっていることを実感し、多くのモチベーションをもらいました。国際学会の準備に有用であったツール、現地で紹介のあった文献を添付いたします。学会に参加する機会をいただき、本当にありがとうございました。 【ツール】 ・英語力ゼロからの国際学会成功ガイドブック: 山田 悠史(著)ら: 有用なフレーズがいっぱい ・https://ondoku3.com/ja/ 音読さん: 原稿の読み上げ、発音チェック、音声ダウンロードできる ・podcast: iCritical Care podcast: 通勤中のリスニング 【文献】 ① PMID: 34116707 Perioperative liberal versus restrictive fluid strategies and postoperative outcomes: a systematic review

前橋赤十字病院 集中治療科・救急科【後期研修医・スタッフ募集】と【Web説明会】のご案内

イメージ
いつもお世話になっております。前橋赤十字病院 集中治療科・救急科の河内章と申します。 前橋赤十字病院 集中治療科・救急科【後期研修医・スタッフ募集】と【Web説明会】のご案内です。 我々は「最強のオールラウンド型 救急・集中治療医の育成」をミッションに掲げ、診療・教育・研究に従事しています。当科には意欲の高い、多様な背景を持つメンバーが全国から集まっています。 救急・集中治療の修練をお考えの方は、是非当院の充実したプログラムを覗いてみてください。 当科のWeb説明会を以下の予定で行います。 【日時】2024年7月30日(火) 19:00~ 【場所】Webex (ミーティングアドレスは個別にメールでお知らせします。) ↓↓ お申し込み入力フォーム ↓↓ 申し込みはこちら 19:00~19:10 ご挨拶 & 当科の紹介 センター長 中村光伸 19:10〜19:20 専攻医メッセージ 専攻医 萩尾文香 19:20〜19:40 病院前診療~ERと災害医療~ECMO Transport 部長 鈴木裕之           Closed ICUで得られる経験 部長 鈴木裕之 19:40〜19:50 臨床研究へのチャレンジ 河内章 19:50〜    Q&A 途中参加・退室・ドタキャン可!ご質問など、以下のアドレスへお気軽にご連絡ください! 担当:河内章 a.kawauchi622@gmail.com 参加できなかった方向けに当科のHPで説明会の録画を後日公開予定です。 リンク

OB/OGからのコメントをいただきました。

ブログ担当の永山です。当院で勤務されていた先生方に当科へインタビューコメントをいただきましたので、ホームページに記載しております。 ご興味のあるかたは、ぜひご一読いただければ幸いです。 ご一緒に勤務できなかった先輩方もいらっしゃいますが、数々の先輩方のコメントに力をもらいながら、自分たちも今の前橋日赤集中治療科・救急科をもりあげていけるように日々勤務したいと思っています。 これからもよろしくおねがいします。 リンクはこちら

DMATインストラクター取得!!

皆様お疲れ様です。 当科の萩原先生と永山先生が日本DMATインストラクターに合格しました。 今後の災害診療、マネージメントで群馬の医療に貢献できればと思っています。 今後ともよろしくおねがいします。

群馬Local-DMAT研修

イメージ
6月22日・23日でDMATで、群馬Local-DMAT研修が開催されました。当科からは、上田先生、田村先生が参加しました。 DMATとは「災害急性期に活動できる機動性を持った トレーニングを受けた医療チーム」と定義されており、 医師、看護師、業務調整員(医師・看護師以外の医療職及び事務職員)で構成され、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。 群馬Local-DMATは、県内における局地災害(事故や自然災害)が発生時したときに迅速に対応できるチームを養成する研修会です。 医師、看護師、コメディカルスタッフ、消防から多数参加いただきました。 研修内容は2日間と長丁場で、トリアージや救護所の運営、災害時の消防の動きなど机上訓練を交えて、広範囲に災害について学びます。 2日目には集大成として、消防の指揮のもと、救護所運営を行い、初療から搬送のシュミレーションを行います。 上田先生、田村先生には、救護所での医師リーダーをになっていただきました。写真は現場指揮所のシーンです。 お疲れ様でした。

レジデントミニレクチャー

イメージ
当科では初期レジデント・後期レジデントむけに当科 萩尾先生による手技セミナーが開催してもらっています。 たくさんのレジデントに参加が参加してくれました。1回目(腰椎穿刺)・2回目(体外ペーシング)ともに好評でした。

M&Mカンファレンス

イメージ
ブログ担当の永山です。今回は当科のICUカンファレンスの一つを紹介します。 当科ではドクターだけではなく、看護師さんを含めた多職種でおこなうカンファレンスを行いより良い医療を提供できるように当科では多岐に渡るカンファレンスを行っています。 その一つがM&Mカンファレンスです。M&MとはMorbidity(合併症)及びMortality(死亡)の略であり、合併症や死亡につながった症例の診療を振り返ることで、患者様に提供する医療の質をあげていこうという取り組みです。 写真は6月に行われたカンファレンスの様子です。(※モニターは個人情報があるため黒塗りにしてあります。) 反省的な消極的な意見だけではなく、ここはよかったなどの前向きな意見もあり、活発な意見がとびかい有意義なカンファレンスでした。今後も継続していきたいと思います。 今後もブログを通じて、他のカンファレンスの様子もお伝えできたらと思っています。