2018年1月24日水曜日

本白根山噴火対応について(DMAT、ドクターヘリ活動報告)

昨日発生した本白根山噴火により1名の方の尊い命が失われました。心よりご冥福をお祈りするとともに、けがをされた方々の1日も早い回復を願っています。

前橋赤十字病院では本災害対応において、統括DMATを派遣して群馬県災害対策本部のもとに群馬県DMAT調整本部、現場近くの西吾妻福祉病院にDMAT活動拠点本部を設置し、そして患者さんの治療や搬送のために救急車やドクターヘリでDMATを派遣しました。
群馬県としてDMATは20チームの派遣、そして約1年前に厚労省より発出された「大規模災害時のドクターヘリ運用に関わる指針」に則って栃木県ドクターヘリにも参集していただきました。
また日本DMAT隊員養成研修の講師でちょうど当科スタッフがDMAT事務局にいて、事務局のスタッフの皆様、他の講師の方々のご協力を頂きながら周辺県のサポートもいただくことができました。


本災害対応に関する情報は県庁ホームページをご参照ください。
http://www.pref.gunma.jp/

今回の活動に対する関係各機関の多大なるご協力と、本災害に対する多くの方々のご支援に心より感謝いたします。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。