2016年10月26日水曜日

藤塚先生、イギリス留学壮行会!

大変お久ぶりです。小倉です。
帰国し本土で精進しております。
 
さて。このたび、私の後任として、藤塚先生がイギリスECMOセンターに留学することとなりました。
昨今、ECMO(人工心肺)は、とてもメジャーな治療法となりつつあり、各関連学会でも、多く、取り上げられるようになりました。
欧米で着実に良好な治療成績を残しているECMOという治療法が、日本でも徐々に広まりつつあり、嬉しい限りです。
 
さて。私は前橋日赤のECMO留学第一号として英国へ留学しました。
振り返れば私の留学のミッションは…
「前橋日赤と英国ECMOセンターの間でパートナーシップを結ぶ」
ことでした。
 
この一連の事業の一部として、人的交流を目指しています。
今回の藤塚先生の留学も、人的交流の一端です。
 
 
私もイギリスではたくさんのことを学びました。特にプレホスピタルからのECMO導入やECMO搬送による患者さんの集約化について多く学びました。
そのほか、肺移植前のECMO管理についても、ケンブリッジで学ぶことができました。
今もその知識を充分に活かしながら、日々、ECMOによる高度な医療を展開できるよう努力しております。
 
しかし、小倉の留学期間中、学びきれなかったこともたくさんあります。
例えば…
・ECMOに携わる医療者の質の向上のため、どのように人を教育すべきなのか?
・ECMO治療の質の向上のために、どのようなデータを保存し解析すべきなのか?
などです。
 
藤塚先生には、このようなポイントも含めて、英国で存分に学んで行っていただきたいと思います。
 
小倉は道をこじあけて歩いた人間です。
いや、小倉の歩いた道は、道ではなかったかもしれません。雑木林の草を踏みつけて歩いた程度だったでしょう。
藤塚先生には、小倉の足跡をを辿っていただき、道にもならなかった小倉の軌跡を、皆が堂々と通れる「道」にしていただけたらと思います。

 
英国ECMOセンターへの派遣は、前橋日赤の総力戦です。
残る我々は、大手を振って送り出したいと思います。


今年も焼肉屋「さんちく」で、壮行会を開きました。
小倉も一年前を思い出し、熱い気持ちになりました。ありがとうございました。


藤塚先生、力の限り、頑張ってきてください!!
そしてくれぐれも、お気をつけて。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...