2017年8月3日木曜日

「コード・ブルー」に登場するドクターヘリについて(群馬県ドクターヘリ 7月活動実績付)


町田です。
ドクターヘリの存在とその活動について世間の皆様に認知度を高めていただいた意味で、ドクターヘリに関わっている僕にとって「コード・ブルー」というドラマは特別な思いはあります。群馬県にドクターヘリが導入される前に日本医科大学千葉北総病院で研修をさせていただいた時に、ちょうど本ドラマの1st seasonの撮影が終わったところで、撮影の名残を感じながら同病院で過ごした思い出があります。
何よりも日本のドクターヘリのパイオニアで、いまでも救急災害医療の最前線を走っている同病院が監修しているだけあって、普段僕たちが災害対応や重症外傷患者対応時に使っている医療用語(おそらく医療関係者以外ではわからない言葉)がバンバン飛び交っているところに凄みを感じました。
ただ自分のいまのキャリアから、主人公たちよりもついその上の先生方のシーンの方が気になってしまいますね・・・(笑)

どう頑張ってもドラマに出てくる俳優さんのような容姿になることはできませんが、ドラマの内容や監修している千葉北総病院の活動に少しでも追いつけるように当院ドクターヘリチームもがんばっていきたいと思います。


ちなみにコード・ブルーに登場するヘリコプター・・・群馬県ドクターヘリの運航会社と同じ朝日航洋のヘリコプターですが、群馬県ドクターヘリの定番機と機種が異なっています。
各県のドクターヘリの機種に関しては、運航を担当する運航会社の所有するヘリコプターの種類によって決まってくるところがあります。ちなみに朝日航洋はドクターヘリ用としてBK117C-2とMD902の2種類があり、当県で主に使用しているのがBK117C-2でドラマで使用しているのはMD902となります。
<関東のドクターヘリ>
・BK117C-2(朝日航洋):群馬県、茨城県、神奈川県(*代替機でMD902の時もあり)
・MD902(朝日航洋):千葉県北部、千葉県南部、埼玉県
・EC135(本田航空):栃木県
関東以外では道北ドクターヘリ(北海道旭川)がMD902を使用しています。

機体点検などの代替機で群馬でも時々MD902を使用することがありますが、以前ちょうど学生見学の時にドラマで使用したヘリが来ていて、学生さんたち(特に女子)が大興奮していました。「〇Pさんが乗った椅子に座りたい!」というリクエストに応えましたが、「さっきまで僕が乗っていたよ・・・」と教えたらとてもがっかりされたことを覚えています・・・(涙)

ドラマのもう一つの主役であるドクターヘリの機体に関しては、朝日航洋の全面協力で群馬県ドクターヘリホームページ内に詳細な解説があります。
以下のアドレスからぜひご覧ください!
http://www.gunma-redcross-icuqq.com/dr-heri/summary.html



<群馬県ドクターヘリ 7月活動実績>

やはり暑さが厳しいとドクターヘリ要請が増える傾向は今年も続いています。
7月は今までの7月の中で最も要請・出動数が多い年となりました。ドクターヘリ対応困難時には防災ヘリドクターヘリ的運用で5件の出動もありました。

月別要請数(上段)・出動数(下段)
活動種別(上段)、搬送先病院(中段)、疾病分類(下段)

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...