2017年7月15日土曜日

ドクターヘリ講習会に参加しました!

初めまして、こんにちは。今年度より、入職した金畑と申します。
遅馳せながら、513-14日の名古屋であった日本航空医療学会 ドクターヘリ講習会に行った時のことを書かせていただきます。

これは、ドクターヘリについての基礎的なことを学べる勉強会で、これからドクターヘリに乗ろうと考えている、もしくはすでに乗っている医師やナース、パイロットやメカニックなどを対象としています。私も今後ドクターカーやヘリを目指すにあたり、講義を受けてまいりました。


まずは日本全国から、既に乗られているベテランのフライトドクターやナース、パイロットたちによる講義から始まりました。
2日間にわたり講義が続き、1時間弱の講義が、全部で10余りありました。内容は、日本や世界のドクターヘリの歴史から、役割といったことから、ヘリそのものの仕組みなど、幅広い範囲にわたっていましたが、すべての講義で共通していたことは、「安全」に対して努力を怠っていない、ということでした。ヘリという機械の特性上、使い方を間違えれば、危険なモノになりますし、また、人が関わる事業であり、必ずヒューマンエラーが関わってきますので、あらゆるところに潜む危険をいかに少なくするのかを日々思案し、実行し、それを継続・共有することで、日本全国どのドクターヘリでも高い安全性を維持されていました。

講義が終わると、ランチョン形式のディスカッション(お弁当食べながら、気軽に発言する雰囲気です)がありました。病院や環境、経験年数も異なる先生方と、話せて大変盛り上がりました。


が、私の中で一番盛り上がったのは、そのあとかもしれません。


最初は名古屋駅付近のビルで講義が行われていたのですが、そこから案内されるがままバスに揺られること20分弱。到着したのは名古屋空港でした。
格納庫のようなところに入ると、ドクターヘリのペイントをされたヘリが3機と、写真には写っていませんが、整備中のヘリ(ドクターヘリではないです)が何機かおいてありました。
ドクターヘリに群がる受講生たち
群馬県ドクターヘリとほぼ同型のBK117
しかし、これはただのヘリ見学会ではなく、ここでは3グループに分かれ、「患者搬送シミュレーション」を行いました。状況を設定して、通信のシミュレーション等を学びました。機材がそろっている状態ではありませんでしたが、実際の機体でシミュレーションできました。


そのあとは、希望者のみの飛行実習がありました。
一機に3-4人の受講者が乗り込み、名古屋の上空のグルリと一周します。実習という名前でしたが、そこに勉強的な要素は一切なく、ただ景色を見まわして、写真を撮っているだけでしたので、気持ち的には遊覧飛行でした。
名古屋駅上空
幸運なことに、私はじゃんけんに勝って、今後は乗らないであろう助手席に座ることができました。基本的に、ドクターヘリでは助手席には整備士が乗り、フライトドクターはその後部座席に後ろ向きに乗るので、助手席にフライトドクターが乗ることはありません。ドラマを思い出していただければイメージしやすいかもしれません。
助手席から見た滑走路

名古屋空港から飛び立ったあとは、名古屋城、名古屋駅上空を回り、名古屋空港に戻ってくる10分程度の飛行でした。何の気兼ねもせずに乗っていられましたが、実際の業務でしたら、患者さんを診ていないといけませんので、これほど余裕をもったフライトはできないかもしれません(本来は持っているべきなのかもしれませんが)。また、これほど景色を見ていられるフライトもないでしょう(患者さんを診ないといけませんから)。


先輩方がされているようなフライトドクターになるべく、精進をしていきたいと思います。(まずは、ちょうど始まるドラマを見て、気持ちを高めましょうかね。)

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...