2017年6月14日水曜日

『第90回日本産業衛生学会』に参加しました。

鈴木です。
511日(木)~13日(土)に東京で開催された第90回日本産業衛生学会に参加してきました。今回は救急医や集中治療医という立場ではなく、産業医としての参加です。

この学会では、労働者の労働環境の改善や健康増進、健診のあり方など、「労働者のために何ができるか?」をテーマとしています。「患者さんのために何ができるか?」という普段の診療とは全く別の視点であり、新鮮でした。


「労働者のアルコール依存」というテーマの話では、お酒好きの某先生の顔が頭に浮かび、少々心配になりました。
4年に1回ぐらいぎっくり腰になる自分には「労働者の腰痛対策」というテーマの話は興味深かったです。腰痛の話を約2時間椅子に座って聞くということで腰を痛めそうでしたが、そこはさすがです。講義の途中に、講師の先生が「腰痛対策として皆さん立ちましょう」と受講者を起立させ、ストレッチをさせるという……講義中の腰痛対策も万全でした。
 
 
3日間で約12時間のレクチャーを受けまして、産業医の更新も無事出来そうです。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...