2017年1月25日水曜日

“DICの病態とその治療”~北海道大学 早川峰司先生ご講演~

集中治療科・救急科レジデントの内海です。

先日「第102回地域連携学術講演会」が当院博愛館で行われ、はるばる雪国北海道より北海道大学の早川先生におこしいただき、ご講演していただきました。

北海道大学病院 先進急性期医療センター 助教 早川 峰司 先生

 

当科からは私内海がPMXとrTMンの治療成績について発表させていただきました。予想通りの噛みっぷりでしたが、無事発表を終えることができました(笑)
・一般口演
『敗血症におけるrTMとPMXの相乗効果について』
 
 
 
 
つづいて早川先生からDICについてご講演を拝聴しました。
・特別講演
『DICの病態とその治療』
 北海道大学病院 先進急性期医療センター 早川 峰司 先生 



非常にわかりやすく勉強になる内容でした。
当院での今のDIC治療についての現状や早川先生のDICに対する考え方などいろいろ考えさせられることが多く本当に為になりました。


講演後の飲みの場では私生活についてもおどろかされることが多かったです。
子供がたくさんいること。家事を料理を含めかかさずやっていること。お酒の摂取量(笑)などなど。。
飲みもあっという間に時間が過ぎてしまいました。北海道からはるばる群馬という地に来ていただき、本当に貴重な時間をありがとうございました。



今後の日常診療、日常生活に生かしていきたいとおもいます!!
以上内海からでした

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...