2017年7月27日木曜日

「第39回日本呼吸療法医学会学術集会&呼吸療法セミナー」に参加しました。

後期研修医小松です。
去る715日及び16日に行われた第39回日本呼吸療法医学会学術集会に参加してきました。

当科からは劉先生がシンポジウムで発表しました。
「医師主導で取り組む前橋早期離床プロトコールの導入と患者予後改善効果の検討」


学会の内容としては、当院では積極的に行なわれているECMOEarly mobilizationといった日本でも最前線の取り組みの報告や、経肺圧や2016年に改訂されたARDSガイドラインなど最近話題の内容まで多岐に渡っておりました。


15日に行われたPAD(痛み:Pain、不安:Agitation、せん妄:Delirium)に関する講演が聞けなかったのが残念ではありますが、16日にはJ-PADガイドラインに沿った内容のハンズオンセミナーに参加することができました。
今後当院でもPADプロトコールを改定、改良していこうと考えています。


今回の学会参加で得た知識や医療に対する姿勢を今後の診療に積極的に生かしていこうと思います。

2017年7月25日火曜日

「第3回神経集中治療ハンズオンセミナー」に参加しました!

生塩(うしお)です。
76日という平日ではありましたが、富山で行われている日本意識障害学会に併設した『神経集中治療ハンズオンセミナー』に参加してきました。こういう平日にも関わらず、勉強のためだからと行かせてくださる当科のシステムは改めて素晴らしいと思います。
代わりに休日に働かせてもらいます(笑)



神経集中治療ハンズオンセミナーは、ICUに勤務する医師・看護師を対象として、神経集中治療の代表的な、心拍再開後昏睡(PCAS)・重症頭部外傷(TBI)・てんかん重積状態(特にNCSE)・重症くも膜下出血(SAH)4つのブースに分かれ、シナリオベースで神経集中治療を学ぶハンズオンセミナーです。

内容としては、PCASでの体温管理療法のコツやシバリングのコントロール方法、TBIでの頭蓋内圧センター挿入実技(穿頭)や頭蓋内圧亢進に対する段階的治療、SAHの脳血管攣縮と遅発性脳虚血の診断と治療、SEでの持続脳波モニタリングの所見の読み方・・・など学ぶポイントは非常に多かったです。
インストラクターとディスカッションしながら、神経集中治療を学べたことは大きかったです。座学の講義でないハンズオンセミナーのメリットですよね。


そして、当院でしている神経集中治療が標準的であると実感できました。これもセミナーに参加してよかったと思える点でした。

救急外来ばかりをしていた私としては、PCASSAHNCSEの神経集中治療は非常に勉強になりました。特に、持続脳波モニタリングから積極的にNCSEを疑い、専門医にコンサルトできればと思います。
ハンズオンセミナーで学んだことも取り入れながら、今後の神経集中治療の診療に活かしていきます。

2017年7月24日月曜日

『第26回日本意識障害学会』に参加しました。

小橋です。
7/6-/7にかけて、富山で開催された第26回日本意識障害学会に参加したので報告いたします。


本学会の参加は初めてなのですが、今回のテーマが「意識障害と地域包括ケア ―急性期から在宅医療まで―」ということで遷延性意識障害に関する演題が多く、看護師や理学療法士など、医師以外の職種の方の参加のほうが多かった印象を受けました。
やはり、意識障害の慢性期になると、どのように患者ケア・リハビリテーションを行っていくかが重要になるのだと思います。急性期医療ばかりやっている自分にとっては馴染みがなく、とても勉強になりました。

また、急性期の意識障害の中でtopicになっているのがNCSE(非けいれん性てんかん重積)ですが、本学会でもNCSEに関連した演題がいくつかありました。
NCSEはけいれん発作を呈しないてんかんで、その多くが診断されずに見逃されている病態です。昏睡症例では必ず鑑別に入れるべき疾患であり、疑った場合には脳波をモニタリングする必要がある、とされています。

当院でもNCSEを疑う意識障害症例が散見され、ICUで持続脳波を装着しモニタリングしていますが、当院のように電話一本で臨床検査技師の方が来てくださり、脳波を測定できる病院はほとんどないそうです。


日本はneurocritical care(神経集中治療)においては、他の先進国に比べてだいぶ遅れている状態ですが、社会復帰をめざす心肺「脳」蘇生の時代においてはneurocritical careをどのように行っていく必要があるか、を考えさせられました。

次回は大阪で開催されるそうです。

 

2017年7月23日日曜日

Time is Brain!~日本医科大学 横田裕行先生ご講演~

中村です.
628日(水)第115回地域連携学術講演会が開催されました.


一般口演は,当院 脳血管内治療センター長の狩野忠滋先生より『血管内治療による急性期血行再建の現状』を講演頂きました.

中村が脳神経外科医をしていた頃よりも脳梗塞の治療は数段進歩しています.当科は,ドクターヘリやERでの治療において脳梗塞の患者をどれだけ早く,安定した状態で血管内治療に結びつけるかを脳神経外科医と協力し日夜努力しています.『Time is Brain』の実践です.


特別講演として,日本医科大学大学院医学系研究科 救急医学分野 大学院教授でいらっしゃいます横田裕行先生にご講演をいただきました.演題名は『救急診療における脳卒中診療の位置づけ』でした.
日本医科大学大学院医学系研究科 救急医学分野 大学院教授 横田 裕行 先生


中村は,救急科医として,現在の救急医療の課題,その課題を解決すべく東京のシステムだけでなく日本のシステムを造ろうとされている横田先生の取り組みに釘づけでした.

講演会後は,前橋市内で懇親会を催させて頂きました.当院脳外科医&救急科医が横田先生を囲み,短時間ではありましたが,親睦を深めることが出来たのではないかと思います.
救急科医として,脳神経外科医の端くれとしてのモチベーションが高まった時間でした.

2017年7月21日金曜日

「日本DMAT隊員養成研修」に参加しました!

増田衛です.今月2回目の投稿となります.
710日(月)〜13日(木),東京都立川市の災害医療センターにて,平成29年度第3回日本DMAT隊員養成研修を受講しました.

まさにその前日,救急外来での勤務中に近隣で10名の傷病者が生じた交通事故がありました.院内で情報収集チームを立ち上げ,一早い患者受け入れ態勢の確立へ向けて必死に動いたという経験をしました.幸い黄2名,緑8名で大事故ではなかったとはいえ,局地災害に近い状況でありました.
多数傷病者事案にいかに冷静に迅速に動くべきか,反省の多い経験をしました.次はもっとうまく動けるように…そのような思いで臨みました.


CSCATTTとは.無線の使い方.EMIS入力の仕方.一次・二次トリアージ.局地災害の机上シミュレーション.広域災害の机上シミュレーション.SCUでの広域医療搬送.これまでMIMMSや院内災害研修,勤務中における経験を積んだうえでの参加となりました.復習になったこともあれば,当然新たな知見も多くあり,非常に勉強になりました.

うれしいことに,今回は群馬県から高崎総合医療センター2名,伊勢崎佐波医師会病院1名,そして当院2名の計5人で参加したのですが,群馬県が最優秀チーム賞をいただき,最終日に表彰されました.災害医療に力を入れているチーム群馬の力を示すことができました.写真はチーム群馬のメンバーです.


当院には統括隊員7名を含めた多数のDMAT隊員がいます.連日朝8時から夜20時までの濃密な講習を受け,その仲間入りを果たすことができました.同時に,今後は発災したら自分が出動メンバーとなりうるという自覚を新たにし,常に体調管理や物品の準備に意識をしていかなければならない,と感じました.

2017年7月20日木曜日

「群馬Local-DMAT研修」に参加しました!

こんにちは、佐々木です。
78日、9日、「第5回群馬Local-DMAT研修」に参加してきました。

DMATとは、災害派遣チームのことで、「Disaster Medical Assistant team」の頭文字を取った略称です。
本来は医師、看護師、リハビリ、放射線技師等の業務調整員から構成されるチームですが、今回の群馬local DMATは消防隊や救急隊も参加をして頂き、より臨場感に溢れた訓練となりました。


トリアージの方法やトリアージタグの記入のお約束、無線機使用のお約束など、様々なお作法について学びました。
災害時の現場はパニックです。共通したルールのないトリアージ法やトリアージタグの記入方法、自己流の無線機の使用方法により、混乱した現場はさらに混乱します。被災した方を助けるために集まったパワーを有効に活用すべく、ルールの遵守は必須だと学びました。

座学後には実践的な演習も行いました。
各論として、トリアージ法やタグの記入、無線機の使用を実践演習した後、総合的な訓練を行いました。刻一刻と変化する状況に臨機応対応しつつも、command & control(指揮命令系統)を崩さないことが大事と実感しました。


 
どうして、ルールだルールだ、規則だなんだ、指揮命令系統だの言っているんだ、特殊な状況だからこそ、臨機応変さが大事ではないか、そう思う方もいらっしゃるかもしれません。
 
こうして、様々なルールや仕組みができてきたのは、これまでの災害から得た反省がもとになっているそうです。阪神淡路大震災、JR福知山線脱線事故、東日本大震災…最近では2014年の関越道バス事故において、DMAT出動に2時間かかったことにより、群馬ルールが作られました。
 
“常にベストを尽くし、必ず振り返り反省し、これまでずっと進化し続けてきた災害対応。”
 
これから自分に出動する機会があった時には、今回学んだことを生かして全力で対応し、反省を今後の進化につなげる活動ができるよう、精進したいと思います。

2017年7月19日水曜日

救急医療に対する教育体制も整えています!~「レジナビフェア 2017 東京」に参加~

皆様、お久しぶりでございます。
9年目になりました、小倉です。月日の流れは早いもので、私は今年から管理職となりました。当科教育担当をしていることもあり、小倉は病院の臨床研修委員会の委員として院内活動をさせていただいております。どうぞよろしくお願いします。

さて、本日はその院内活動の紹介です。当院には毎年たくさんの臨床研修医の皆さんが就職してくれていますが、中でも『救急を勉強したい!』と言って来てくれる若い先生が目立ちます。そんな救急医療に興味のある若い先生が当院にアクセスしてくれるのが、レジナビフェアです。先生と言っても、四年目や五年目の医学部生がほとんどですが、レジナビフェアは、そういう情熱溢れる若い先生達とお話しができる、良い機会です。

麻酔科 柴田副部長と小倉。
後ろでは整形外科 浅見部長自ら質問に応対!
 

・前橋赤十字病院における臨床研修の特徴は?
・前橋赤十字病院の救急科研修はどんな感じ?
・救急科を将来目指すに当たっての前橋赤十字病院での臨床研修のメリットは?
・ドクターヘリは研修医でも乗れるの?

様々な質問を頂戴します。簡単にお答えしますと
・当院の特徴は全科を回るジェネラリスト型と専門療法を長期に回るスペシャリスト型の両方のプログラムがあることが特徴です
・当科の研修は、ERでの初療とICUでの重症管理の両方を期間を分けて学ぶ点に特徴があります
・当科で救急科専門医を目指すに当たっては、当院で初期臨床研修をすると、ある意味の英才教育が受けられます
・選択をして救急科で長期に勉強してくれた研修医の先生のプログラムには、ドクターヘリの同乗実習が含まれます

他にも色々と当院で初期臨床研修医を行なって救急医療の勉強をするメリットがあります。群馬県前橋市という、都内と比べると若干アクセスしにくい土地にあるのが難点ではありますが、興味のある先生がおられましたら、是非、足を運んで当院&当科の教育現場を見ていただけたらと思います。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

2017年7月17日月曜日

『第39回日本中毒学会総会・学術集会』に参加しました。

小橋です。
6/30-7/1にかけて、茨城県つくば市で開催された「39 日本中毒学会総会・学術集会」に参加してきました。
私は茨城県出身なのですが、17年ぶり(大学入試センター試験以来)につくば市に行きました。当時は、つくばエキスプレスや圏央道などもなく不便な場所でしたが、いつの間にか大都市に変わっていました。


今回のテーマは「災害と中毒」でした
CBRNE(化学 (chemical)・生物 (biological)・放射性物質 (radiological)・核 (nuclear)・爆発物 (explosive))災害における対応や、最近世界をにぎわせたVXガスについての講演など、興味深いものが多くとても勉強になりました。


残念ながら今年は当科スタッフの発表はありませんでしたが、来年の大阪での開催にも参加できるように準備しようと思います。また中毒に興味がある方は参加してみてはいかがでしょうか。

2017年7月16日日曜日

災害時のドクターヘリ活動の発展のために・・・~新潟県中越沖地震から10年~

町田です。
15名の尊い命が失われ2345名の負傷者が発生した中越沖地震から10年がたちました。
今では大規模災害時にドクターヘリが何機も駆けつける時代になりましたが、初めて大規模災害でドクターヘリが出動した2004年10月の中越地震、そして2007年7月の中越沖地震では駆けつけたドクターヘリは1機ずつでした。しかしその当時は遠隔地にドクターヘリが出動して活動するという画期的なことでした。

ただいま僕は今月末に南海トラフ地震を想定した政府大規模地震時政府活動訓練のドクターヘリ関連の調整を担当していますが、これらの地震時に現地で活躍したドクターヘリの先輩方の経験を引き継いでさらに発展できるように頑張ろうと思います。


今日だけでも多数傷病者の発生する傷害事件や強風被害が起こりました。
いつどこで人為災害や自然災害が発生するかわからないこの時代に、いつでも災害に迅速に対応できる心構えがますます必要ですね。

2017年7月15日土曜日

ドクターヘリ講習会に参加しました!

初めまして、こんにちは。今年度より、入職した金畑と申します。
遅馳せながら、513-14日の名古屋であった日本航空医療学会 ドクターヘリ講習会に行った時のことを書かせていただきます。

これは、ドクターヘリについての基礎的なことを学べる勉強会で、これからドクターヘリに乗ろうと考えている、もしくはすでに乗っている医師やナース、パイロットやメカニックなどを対象としています。私も今後ドクターカーやヘリを目指すにあたり、講義を受けてまいりました。


まずは日本全国から、既に乗られているベテランのフライトドクターやナース、パイロットたちによる講義から始まりました。
2日間にわたり講義が続き、1時間弱の講義が、全部で10余りありました。内容は、日本や世界のドクターヘリの歴史から、役割といったことから、ヘリそのものの仕組みなど、幅広い範囲にわたっていましたが、すべての講義で共通していたことは、「安全」に対して努力を怠っていない、ということでした。ヘリという機械の特性上、使い方を間違えれば、危険なモノになりますし、また、人が関わる事業であり、必ずヒューマンエラーが関わってきますので、あらゆるところに潜む危険をいかに少なくするのかを日々思案し、実行し、それを継続・共有することで、日本全国どのドクターヘリでも高い安全性を維持されていました。

講義が終わると、ランチョン形式のディスカッション(お弁当食べながら、気軽に発言する雰囲気です)がありました。病院や環境、経験年数も異なる先生方と、話せて大変盛り上がりました。


が、私の中で一番盛り上がったのは、そのあとかもしれません。


最初は名古屋駅付近のビルで講義が行われていたのですが、そこから案内されるがままバスに揺られること20分弱。到着したのは名古屋空港でした。
格納庫のようなところに入ると、ドクターヘリのペイントをされたヘリが3機と、写真には写っていませんが、整備中のヘリ(ドクターヘリではないです)が何機かおいてありました。
ドクターヘリに群がる受講生たち
群馬県ドクターヘリとほぼ同型のBK117
しかし、これはただのヘリ見学会ではなく、ここでは3グループに分かれ、「患者搬送シミュレーション」を行いました。状況を設定して、通信のシミュレーション等を学びました。機材がそろっている状態ではありませんでしたが、実際の機体でシミュレーションできました。


そのあとは、希望者のみの飛行実習がありました。
一機に3-4人の受講者が乗り込み、名古屋の上空のグルリと一周します。実習という名前でしたが、そこに勉強的な要素は一切なく、ただ景色を見まわして、写真を撮っているだけでしたので、気持ち的には遊覧飛行でした。
名古屋駅上空
幸運なことに、私はじゃんけんに勝って、今後は乗らないであろう助手席に座ることができました。基本的に、ドクターヘリでは助手席には整備士が乗り、フライトドクターはその後部座席に後ろ向きに乗るので、助手席にフライトドクターが乗ることはありません。ドラマを思い出していただければイメージしやすいかもしれません。
助手席から見た滑走路

名古屋空港から飛び立ったあとは、名古屋城、名古屋駅上空を回り、名古屋空港に戻ってくる10分程度の飛行でした。何の気兼ねもせずに乗っていられましたが、実際の業務でしたら、患者さんを診ていないといけませんので、これほど余裕をもったフライトはできないかもしれません(本来は持っているべきなのかもしれませんが)。また、これほど景色を見ていられるフライトもないでしょう(患者さんを診ないといけませんから)。


先輩方がされているようなフライトドクターになるべく、精進をしていきたいと思います。(まずは、ちょうど始まるドラマを見て、気持ちを高めましょうかね。)

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...