2016年2月15日月曜日

「事故が起こらない環境を作ることが一番望ましい・・・」~碓氷バイパス大型バス事故から1か月~

長野県軽井沢町の碓氷峠で起こった大型バス事故から1か月がたちました。
この事故では15名の尊い命が失われまた26名の方が重軽傷を負いました。特に若い命が多く失われたことはとても悲しいことであり、心よりご冥福お祈りいたします。またけがされた方々が1日も早く心身ともに回復することを願っています。


このバス事故対応においては長野県の消防、医療機関の方々の迅速な災害救護活動がありました。夜中にもかかわらず迅速な初動、情報提供、そして多くの患者さんの受入れたことは、本当に頭が下がる思いです。
そして隣県の群馬からも消防、医療チームが現場に出動しお手伝いをさせていただきました。


関越道のバス事故の時に続いて今回も現場に出動した藤塚先生がTBSニュースの取材を受けました。

☆藤塚先生のインタビューはこちら☆
 

現場活動の壮絶さ、悲しさとともに、「事故が起こらない環境を作ることが一番望ましい・・・」という言葉がすべてを表していると感じました。

命より大切なものはありません・・・

2 件のコメント :


  1. 本当に若い沢山の命が失われてしまい本当に無念でなりません。夜間帯でドクターヘリも出場出来ませんでした。夜間バスや高速バス。本当にこういう災害の時には、ドクターヘリや、ドクターカー、消防署の方々、救命救急の医師や看護師さん達の力が無ければいけない。壮絶な現場だからこその厳しさがあるのかもしれません。

    返信削除
    返信
    1. 佐藤さん、コメントいただきありがとうございます。
      このような事故は本当に悲しくまた悔しいですね。僕たちは1名でも多くの方を救命するために全力を尽くすのみです。そしてこのような事故がもう2度と起こらないことをただただ祈るのみです。

      削除

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...