2016年1月9日土曜日

『NBCテロ・災害研修 in 三重大学』に参加しました。~伊勢志摩サミットが近づいています~

鈴木です。
みなさん、あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。

昨年の話になりますが、クリスマスど真ん中の1224日から3日間、三重大学で行われたNBC災害・テロ対策研修に参加してきました。
全国各地から15病院が研修に参加しており、当院からは、ERの木村ナース、矢内ナース、事務から唐沢さん、田村さんと一緒に5名で参加しました。
今回参加したメンバー。 防護服を一部装着中。

NBCテロとは、NNuclear 核や放射線物質)、BBiological 炭そ菌などの生物剤)、CChemical サリンなどの化学兵器)によるテロのことです。20年前に起きた地下鉄サリン事件がこれにあたります。
このようなテロが起きた場合、どのように患者さんを診療するかを勉強しました。

NBCテロにみまわれた患者さんの診療は、通常の診療とは大きく異なります。患者さんは化学物質や核物質などで汚染されているため、診療前に汚染物質を体表から拭き取ったり、洗い流したりする「除染」が必要になります。
患者さんの除染中に、我々が汚染してしまうことがないように防護服を着て処置にあたります。防護服により安全は確保されますが、遮音され言葉によるコミュニケーションが難しくなり、また厚い手袋をつけるため注射などの細かな作業が行いにくくなります。
医療スタッフは防護服を装着して診療。左は除染を行うシャワー室。


最終日には、NBCテロが起きたという想定で大掛かりなシミュレーションも行いました。
シミュレーション中の一コマ。 真ん中は診察を待っている患者役の矢内ナース。

NBCテロが起きた時の対応について、今回の研修で一連の流れを理解できました。
クリスマスをつかっても受ける価値がある有意義な研修でした。

帰りの電車で食べたケーキ。 いちおう、クリスマス気分を・・・・ということで。



 

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...