2013年1月18日金曜日

第18回日本集団災害医学会に参加しています。

昨日1月17日は阪神淡路大震災がおこった日です。今年で地震から18年たちました。
神戸の街にいるとその地震の傷跡はほとんど目立たないくらい発展をしていますが、それでも街の至る所には震災を忘れず未来に伝えるための地震の痕跡が残っています。

今年の日本集団災害医学会の開催地は神戸で、1月17日から3日間の日程で行われています。


当院からは4名の発表があります。

・中野センター長
一般演題「事例検討」
『関越自動車道高速バス居眠り事故の経験から考える局所近隣災害への備え』
・中村医師
シンポジウム「局所(近隣)災害への備え」
『関越道バス事故における群馬DMATの課題』
パネルディスカッション「SCUの整備-円滑な広域医療搬送実現のために-」
『SCUとドクターヘリ指令本部』
・高寺看護師
ワークショップ「災害時診療録やアセスメントシートの標準化」
『現場救護所における救護所受付用紙を用いた情報集約』
・町田
ポスター発表「災害拠点病院、DMAT、広域医療搬送」
『東日本大震災、関越道バス事故の対応の教訓による院内災害対策本部設置およびDMAT参集基準の改定』


今回の学会は阪神淡路大震災、東日本大震災で犠牲となられた方々への黙祷から始まりました。
そして東日本大震災からも間もなく2年たちますが、今は阪神淡路大震災を経験された方々が東日本大震災の復興支援のために汗を流している姿に胸を打たれました。



今年の学会発表を聞いていると、災害医療において医療機関と多職種の様々な機関との横のつながりが以前に増して強くなってきている実感があります。
われわれは、これからも広域災害、局所災害いずれにおいても、1名でも犠牲者を減らすための備えを続けていかないといけません。



~番組宣伝(再掲載)~

明日(1/19)午前10:30~11:25の放送です。
リアル×ワールド 「THE命のヒーローズ 緊急出動!ドクターヘリ 命との闘い」
http://www.ntv.co.jp/program/detail/21817107.html

日本テレビ系列で関東エリアでの放送になります。多くの方に『見ますね!』と声をかけていただきましたが、関東エリア以外での放送はないようです。
楽しみにしていた関東エリア以外の皆様、どうもすいませんでした。

10 件のコメント :

  1. 「THE命のヒーローズ 緊急出動!ドクターヘリ 命との闘い」を拝見させて頂きました。
    スタッフの皆さんのご苦労と頑張りを改めて感じました。

    自分は信州大学付属病院(信大)のある松本在住者(男性)です。
    そして信大にもドクターヘリがあります。
    昨年、自分の母親が信大に長期入院をしたのですが、その際に毎日出動していくドクターヘリを見ており、身近に感じていた事もあってか、「緊急出動!ドクターヘリ 命との闘い」という番組タイトルが不思議とスグに目に入りました。

    恥ずかしながら自分は家庭の経済的な事もあって医者を断念した過去があり、医療現場で頑張っておられるドクターの皆さんへは年齢に関係なく敬意を表するところです。
    こんな自分も医療から離れる事が出来ず、形は違いますが今では整体療術に従事させて頂いています。そのためかヘリの飛んで行く音を聞くと「ドクターヘリ」では・・・と空を見上げています。不思議なものを感じてしまいますよね。

    前橋赤十字病院で日夜頑張られているの皆さん、高度救命救急センター&ドクターヘリスタッフの皆さんには多くのご苦労やご心痛には敬意を表します。本当に感謝、感謝の毎日です。

    最後になりますが、医者の道を断念した自分としては番組に登場された矢野好美ドクターに応援、エールをお送りすると共に個人的な夢・希望を勝手ながら託して頂いても宜しいでしょうか?

    矢野好美ドクター頑張れ!!

    時節柄、矢野好美ドクターの大きな飛躍の年となります様に!

    返信削除
  2. こんにちは。
    番組見させてもらいました!
    皆さん、素敵ですね(^_^)

    私も矢野さんと同い年で、
    実家のある福島を離れ、茨城で
    一人暮らしをしています。
    昨日は職場で落ち込む事が続き、
    帰宅後に溜まっていたものが溢れたか
    のように大泣きし、今朝は目が腫れています(^^;;

    でも、矢野さんの姿を見て
    同い年の人も、前を向いて頑張っている!私もまた頑張ろうと思えました。

    ありがとうございます。

    まだまだ寒い日が続きますが、
    お身体にお気をつけて、皆さん
    頑張ってください♪

    PS.ぐんまちゃん、大好きです

    返信削除
  3. 命のヒーローズ見ました(〃'▽'〃)
    自分は群馬県在住のものです。
    以前からドクターヘリに興味があり、群馬にもドクターヘリがあることを知ってから更に興味を持ちました。

    昨年の夏に、前橋日赤にブルガタ症候群の疑いで入院させてもらっていました。
    検査後、担当の先生に屋上ヘリポートに連れて行ってもらいました。
    遠くでしか見たことのなかったドクターヘリを間近で見ることができたことに興奮し、入院していたときも寝れなかったことを覚えています!

    また、僕は無線の資格もあり、群馬ドクターヘリの無線を何度も傍受しました。
    今日、放送されていたテレビで町田先生が無線交信されているのを見て、「この間、傍受したときの声と同じだ!」と思いました。
    傍受していて、町田先生の無線は的確で、わかりやすく、やさしい応答で救急隊もきっと心強いと思います!

    群馬にも女性のフライトドクターがいることを今回初めて知り、かっこいいとつくづく感じました。
    ぜひ、頑張ってほしいです!
    矢野先生に、「たくさんの命を、矢野先生の力で救ってください」とお伝えください!

    最後に、僕はフライトナースを目指しています!
    看護師となり、群馬ドクターヘリに町田先生と矢野先生、日赤の先生方と乗れる日がくるといいと思っています。

    僕も頑張ってフライトナースを目指しますので、先生方をたくさんの命を救ってください!


    群馬在住
    高校一年

    返信削除
  4. 命のヒーローズ、拝見させていただきました。

    緊迫した現場で奮闘されているスタッフの方々を見て、自分の想像を超えた世界でただただすごいなと思うばかりでした。

    男性の先生が多い中で、奮闘されている矢野先生を見て、同じ女性としてとても刺激をもらいました。
    私自身も、競技として続けているサッカーで、新たな目標を目指して頑張ろうと気が引き締まりました!



    これからも、頑張ってください。
    応援しています。

    返信削除
  5. やす様
    松本から素敵なメッセージをありがとうございます。
    信州大学のドクターヘリにも素晴らしいスタッフがいらっしゃいます。
    矢野先生もまだまだ一人前のフライトドクターへの道は遠いですが、着々と前に進んでくれています。番組では叱ってばかりなところが目立ってしまいましたが、とても期待している若手の1人ですよ!

    返信削除
  6. 茨城の匿名さん
    僕も若いときは毎日毎日仕事で落ち込んでいました。
    でもその時の先輩の言葉が今この年になってものすごく生きています。
    自分がそのような先輩になれているかどうかは疑問ですが、若い先生の将来に期待しています!
    ぐんまちゃん、よろしくお願いします。

    返信削除
  7. 高校1年生の匿名さん
    無線のことでお褒めいただきありがとうございます。恥ずかしい限りです。
    ドクターヘリの出動において、無線は現場とへりと病院をつなぐ大切なツールです。
    最低限の時間で必要な情報をきちんと把握することで、患者さんへの接触を早め最大限の治療を提供できると信じています。
    また航空クルーの無線と医療クルーの無線のタイミングを計りながらお互いに迷惑をかけずに無線を占有することは、ある意味チーム力を試されている気もします。
    出動してから患者さんと接触するまでの時間もとても大切なんですよ!
    矢野先生とともに君がフライトドクターになる日を楽しみにしています。僕も指導医できちんとヘリに乗れているように、頑張って続けていきますね!

    返信削除
  8. 匿名さん
    ありがとうございます。
    命より重いものはやはりありません。だから僕たちは真っ直ぐに頑張ります!

    返信削除
  9. たちゃんさん
    僕たちは与えられた責務に毎日取り組んでいるだけで、何も特別なことはしておりません。若手であれベテランであれ、女性であれ男性であれ、患者さんにとって医師は医師・・・言い訳は許されません。
    たちゃんさんもサッカーでの活躍を期待しております。これからも応援よろしくお願いします。

    返信削除

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...