2012年12月21日金曜日

スプリンクラー作動!~学校の先生の機転~

町田です。

今年も残すところあと10日ほどになりました。年々時間が過ぎるのが早く感じる今日この頃です。
12月に入り日本海側は大雪に見舞われているようですが、群馬の平野部はほとんど晴れの日が続いています。しかし北日本の天気が悪いときは、県北の山間部は雪が舞い、平野部はものすごい強風が吹き荒れます。ドクターヘリも今月は1日平均3件以上の要請をいただいていますが、強風による運休や重複要請などで1日平均1件は未出動になってしまっています。大変申し訳ありませんが、1件でも多くの要請にこたえられるよう今年残りわずかの日々も一生懸命頑張ります。


ドクターヘリが着陸するランデブーポイントは、あらかじめ消防から候補地をあげていただき、実際に航空会社の検地が入り安全な着陸に問題がなければ採用されます。
ランデブーポイントは、ヘリポートだけではなく公園、工場敷地内の芝生、駐車場等が候補地としてあげられることが多いのですが、最もよく使用する場所として学校のグランドがあります。
自分が学生時代に『ヘリコプターが自分のグランドに降りてくる 』なんてことは想像もしていませんでしたが、今は全国で毎日どこかの学校にドクターヘリが着陸している時代です。

群馬県でも運航して約3年10カ月で、廃校跡地を含めて幼稚園1園、小学校52校、中学校37校、高等学校12校(うち1校のみスケートリンク)、大学4校に着陸しています。合わせて100校を超えています。
学校のグランドに着陸する際は、砂が舞い上がることで機長の視界が失われないように、また学校や周辺住民にご迷惑をかけないように、消防の支援車(ポンプ車)で着陸前に水をまいてもらいます。水撒きが終了して安全確保ができたら着陸可能になります。

スプリンクラー作動中!
今日もとある高等学校のグランドがランデブーポイントに指定されました。ドクターヘリは病院を離陸して5分で上空到着。いつもこの時間で着くと消防の支援隊による水撒きが終了するまで上空で待機しています。
今日は上空についたらすでにグランドに水がまかれていました。ポンプ車は到着したばかり・・・!?実は学校の先生が機転を利かせて、ヘリコプターがグランドに降りることを見越してグランドに設置されているスプリンクラーを作動させていたのです!上空待機時間はほとんどなく着陸でき、すぐに傷病者に接触することができました。この時間短縮がかなり有用であった症例であり、まさに学校の先生の機転が傷病者の命のために大きな力となりました!

グランドに滞在している時間はおおよそ20-30分で、その間はグランドも使用できず、授業も一時的に中断してしまうかもしれませんが、学校関係者の協力でかけがえのない命が救われています。
今後ともドクターヘリ活動へのご協力のほどよろしくお願いします。



ここ数日群馬ヘリポートにもう1機ドクターヘリが滞在していました。
よくよく見るとEC135で『Iwate Medical University』の文字が・・・今年度より岩手医科大学を基地病院として運航開始した岩手県ドクターヘリの機体です。機体交換のために名古屋から盛岡に向かう途中に寄ったみたいです。
ドクターヘリの仲間が東北にもどんどん増えています!

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...