2017年8月10日木曜日

「第9回成田国際空港エマルゴ訓練」に参加しました。

藤塚です。
7/13に成田国際空港で行われたエマルゴ訓練に、救急看護師の城田さんと一緒に参加してきました。今回9回目の開催ということであり、スムーズに流れた中で色々考えさせられる訓練を経験することができました。


今回、県外からの支援という立場で、ドクターヘリで応援にきた形となりました。
各地域ごとで決められたローカルルールもあり、県外へ応援した場合また逆に応援される立場になった場合、それを把握し、役割や流れを理解し行動する必要があるなと改めて勉強になりました。
また群馬県においては、平時救急から栃木ドクターヘリ、埼玉ドクターヘリ、佐久ドクターヘリを初め、群馬県防災ヘリや高崎ドクターなど、多数の病院前診療で関わる組織との連携があります。この連携は、局地災害時にとても有効と感じていますが、さらに大きな被害でこの連携を超えて応援が必要になった場合にどうマネージメントするか等々、非常に多くのことを考えさせられる訓練となりました。


途中「トリアージの電子化」を目指した取り組みもなされており、様々なツールを使った情報集約なども期待されます。

今回色々準備等お疲れ様でした。今後も県内訓練だけでなく、他県の訓練などにも参加することで、色々な対応ができるように、していきたいです。

  

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...