2016年10月11日火曜日

「臨床指導医養成講習会」に参加しました。

こんにちは、劉です。
週末に群馬県庁29階で開催された「指導医養成講習会」を受けてきました。

つい3年前までは自分も受けていた初期臨床研修を思い出しました。まだ5年目の若輩ではありますが、楽しく受講させていただきました。
内容は自分の部下や研修医の指導について考える内容でした。キーワードは「聴いて、認めて、次にいかす」だそうです。
確かにいつも自分はは「認めて」が少ないような気がして少し反省をしております。

当院の救急外来では初期研修医と一緒に当直に入ります。
年々様々な研修医が入ってきますが、近年は少しその様相が変わっているような気がします。他の病院の先生がたはそれを「研修医のモチベーション、やる気が低い」などの表現を使われていましたが、何かそれもしっくりこないのです。何というか「気質」がやはり自分たち世代とは少し違うのでしょうか。「ゆとり」というとなんでも済まされてしまいそうですが、やはり時代にあった研修、時代にあった対応をしていかなければいけないのでしょう。
 
救急医は常に「Case by Case」。今までも、今でも、そしてこれからも。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...