2016年10月12日水曜日

大荒れの3連休・・・~まずは自分自身の予防から~

町田です。
先週末は僕たちの世代にはしっくりくる10月10日が体育の日で、8~10日はカレンダーの上では3連休でした。しばらく秋雨前線や台風の影響でどんよりとした天気が続いていましたが、この3連休は風は強かったものの久しぶりに太陽がよく顔を出してくれていました。
この連休はまさに旅行、運動と絶好の行楽の機会となり、多くの方々が群馬の世界遺産や温泉を楽しみに来られたようです。また我が家もそうでしたが秋の運動会の時期でもあり、子供だけではなく大人も張り切っていたようですね。


しかし「人が良く動くとき=救命救急センターが忙しいとき」という法則があるとおり、この3連休の当院救命救急センターは本当に忙しい時間となりました。
まず多かったのが交通事故・・・慣れない道の運転、旅の疲れなど様々な様子が重なって、観光地の行き帰りでの多数傷病者発生の事故が多くなっていました。また運動会、部活の試合など、スポーツに伴うけがも多かったです。特に普段運動をしない人が急に張り切って思わぬ怪我をすることが多かったです。また雨が降り寒くなるという天気予報が外れて、急に暑くなったことにより体調不良となった方も多かったようです。

日勤だけではなく当直帯に関しても平時よりも救急搬送や救急外来受診者が多かったです。
特にこの3連休中に「前橋まつり」が開催されており、日中の疲れで夜に具合が悪くなったり、残念ながらお酒や喧嘩などのトラブルで受診する方も多く、さらに残念なことに警察のお世話にならなくてはいけないことも数件ありました。伝統あるお祭りはぜひ続けていただきたいですが、救急外来までお祭り騒ぎを持ち込んでいただきたくないと強く思います。


周辺の市町村の救急医療体制も平日と同じような体制というわけにはいかず、また休みに入るち直前に患者さんの紹介の依頼もたくさんあり、近隣市町村の多くの救急車が前橋方面に患者搬送を行っていました。
当院でも3連休中に救急車による患者さんの搬送が約90名、そして直接救急外来を受診された方も200名近くいらっしゃいました。また病院前診療としてドクターヘリ、ドクターカー、防災ヘリドクターヘリ的運用あわせて15件の出動がありました。


お正月、ゴールデンウィーク、お盆の時期は救命救急センターが毎年最も忙しい時です。しかし今回の3連休はその時期と同じくらい救命救急センターは大荒れでした。
もちろんこのような時期の予期せぬ怪我や体調不良は仕方ないと思っていますし、救命救急センターは皆さまを守る最後の砦として365日24時間休みなく活動しています。しかし、冷静に考えると救急外来を受診した方のなかで自分自身がもう少し気を付ければ防げることがたくさんあることも事実です。

・運転しながらスマホを見て地図を確認する→もっと大きな事故になる可能性がありました!
・子どもがうるさいからチャイルドシートに乗せない→子供が大けがして後悔しても遅いです!
・準備運動をせずに急に親子競技で走る→自分が思った以上に体はきつくなってきます!
・数日前から様子を見ていた。→休みに入る前にかかりつけ医をまず受診して下さい!
などなど、上記のような悲しいやり取りがないように、まずはけがや体調不良を起こさないために自分自身でできることを考えてください。

これから群馬も紅葉が始まり、さらに美しい季節になります。
救命救急センターは皆様の安心・安全のためにいつでも対応できるように体制を整えています。でも一番良いことは皆さんが楽しい時間を過ごして楽しい思い出とともに自宅に帰ることです!

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...