2016年9月16日金曜日

「今、子供の僕に、できること」~兄から弟へ引き継がれる命の自由研究~

町田です。
2011年、2012年と栃木県の小学生から自由研究を送っていただきました。
小学校5年生(2011年)の時は「ドクターヘリ」、小学校6年生(2012年)の時は「ドクターヘリと災害医療」というテーマで、僕たちも驚くような取材力とこめられたメッセージに感激した思い出があります。
http://drheli-gunma.blogspot.jp/2011/09/blog-post_16.html
http://drheli-gunma.blogspot.jp/2012/08/blog-post_30.html


そしてあれから4年後・・・
今年の8月に4歳年下の弟が当院に自由研究の取材に来ました。兄とそっくりな弟を見て4,5年前のことを思い出しました。弟くんのテーマも「ドクターヘリと災害医療」でしたが、お兄ちゃんのときとは全く違った視線での取材がとても新鮮でした。

まずはCS室でドクターヘリの概要を説明して、その後は屋上ヘリポートでちょうど戻ってきたドクターヘリを実際に見てもらいました。そして災害時用の備蓄倉庫で災害医療についてのお話をして、最後にまたCS室に戻ってたくさん質問を頂きました。
今回とても興味深かったのは、ドクターヘリや災害医療のことを学びながら、いざ目の前で困っている人がいた時に「子どもでもできること」「子どもとしてできること」について真剣に考えていました。

大人になるとついつい忘れがちになってしまている「命は大切」であることを、あらためて心に刻んでくれました。そしてお兄ちゃんから僕が教わった大切なことを弟くんもいっていました・・・
命を守ることは「すべての笑顔を守ること」です!


ご本人、ご家族の許可を頂いたうえで、自由研究の一部をご紹介させていただきます。







4 件のコメント :

  1. いつも読ませていただいています。
    自由研究のなかに興味を持ち続けること~とかいてあるところに共感しました!

    返信削除
    返信
    1. この子のお兄さんが自由研究で当院に来た時には、すでにうちに秘めたものを持っていたようです!この思いをずっと持ち続けてもらえるよう、僕たちもこれからも一生懸命頑張ります。

      削除
  2. 素晴らしいですね。一つの出来事(事故)が新しい(医療や災害救助に興味を持つ)行動につながり、
    これを伝えることで想いアクションを共有する。
    こういうことが発信できる子供たちが世の中のシステムを良くしてくれるのだと信じています。
    君の夢が叶うと良いですね、いや、夢を叶えるためにがんばってね。
    仲間になってくれるのを待っていますよ。

    返信削除
    返信
    1. 僕たちもこのような子供たちの夢がかなえられるよう、これからも全力で応援していきます!そしていつか一緒に活動できる日が来ることを信じています。

      削除

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...