2016年1月12日火曜日

初心を忘れない!~新たに女性フライトドクターが誕生しました。~

当科3年目後期研修医(医師としては5年目)の星野江里加先生のフライトドクター独り立ちの最終試験が1/8に行われ、センター長の中村先生の厳しい目のもとで合格の判定をもらいました。そして研修中に同乗していたフライトナースからもお墨付きをいただき、1/11にフライトドクターとしてデビューしました。
群馬県19番目のフライトドクター、星野江里加先生です!
群馬県ドクターヘリにおいては中野前センター長(現院長)から数えて19番目のフライトドクターで、そして当県初の女性フライトドクターの誕生です。これでフライトドクターは11人体制となります。
 
初期研修の面接のときから「目の前で困っている人を助けたい!」という強い気持ちを持っていて、その気持ちを忘れず初期研修終了後も当科で一生懸命患者さんと向き合ってきました。研修中は困難に直面したり指導医に怒られたりいろいろつらいこともあったと思いますが、同性の先輩で産休・育休から復帰した大瀧先生からも心身両面でのアドバイスを受けつつ、自分自身でも次につなげるための努力をする強い気持ちをもちつづけた結果、ようやくこの日がやってきました。
初出動は地元の消防本部管轄のエリアから・・・
研修中と違って力強い目つきをしています!

星野先生の研修中におきましては、朝日航洋の皆様、消防関係の皆様、そして多くの方々からたくさんのご指導を頂き本当にありがとうございました。
しかしながらまだプレホスピタル診療のスタートラインに立っただけです。これからです!関係者の皆様におかれましては引き続き叱咤激励のほどよろしくお願いします。
ともありますが、これからもご指導のほどよろしくお願いします。


独り立ちの初フライト終了後、一緒に出動した木村看護師とともに。
 
 
☆おまけ☆
 
星野先生の研修のころにちょうど取材があった番組の放送日がいよいよ明日に迫りました。星野先生の奮闘と周囲を支える優しい(?)先輩たちの様子をぜひご覧ください。
また島根県や茨城県でご活躍されているフライトドクターの様子や、カンニング竹山さんに群馬県ドクターヘリや当院での取材を通してドクターヘリの活動のことを詳しく説明していただきます。
================================
日 時 2016年1月13日(水) 19:00~20:54
放 映 BS日テレ
題 名 「空飛ぶ救命救急最前線 緊急出動!ドクターヘリ」
内 容 1.ドクターヘリの最先端医療の紹介
     2.島根県ドクターヘリ(ママさんフライトドクター 家庭と職場の両立)
     3.群馬県ドクターヘリ(新人女医フライトドクターの奮闘記)
     4.茨城県ドクターヘリ(日本最高齢現役フライドクター)
================================


18 件のコメント :

  1. 一文字違い2016年1月13日 20:21

    テレビみてます。
    非常に良くできていますね。
    これを見て、志望する人が多く現れると良いですね。4

    返信削除
    返信
    1. 一文字違いさん、いつもコメントいただきありがとうございます。
      ドクターヘリのこともわかりやすく解説していただいており、多くの方が興味を持っていただけたのではないかと思います。仲間が増えていただけると嬉しいですね!

      削除
  2. 一瞬の判断が生死の分かれ道の現場大変だとおもいますが、頑張ってほしいですね

    返信削除
    返信
    1. 尚輝さん、コメントいただきありがとうございます。
      若手とはいえ現場に出ればプロフェッショナルとして傷病者に対応しなくてはいけません。指導医自身も油断することなく、これからもスタッフ一同でレベルアップを続けていきます。

      削除
  3. TV見ました〜。
    なんか先生方の登場するたび字幕よりも早く、あっ鈴木先生だ・あっ原先生だ・あっ藤塚先生だ と見つけるやTVの前で先生方のお名前を呼んで騒いでいました。
    当然鬼教官にも即反応。あっ鬼教官だーって。
    観る前から予想しておりましたが、やはり鬼教官は町田先生でしたか。(しか居ない)…。
    なかなか登場しないので、ガチで怖すぎてカットされたかと思い心配しました。
    失礼しました。
    でもとってもいい鬼ちゃんでした。
    全ては患者様を救う為ですからね。
    命を扱う所・命を扱う立場なので厳しいのは当たり前ですかね?
    また原先生が気管挿管の苦戦した患者様無事助かって良かったです。
    サチュレーションがみるみる下がっていく様子を見た時に、お願い助かって〜管よ入れ〜と叫んでしまいました。
    原先生が処置中、管が入らない時に発した くそっ の言葉に助けてやるぞ・俺は絶対最後まで諦めねぇぞーと言う思いが伝わって来て思わず涙…。
    そして主役の星野先生ですが……その後ヘリ酔い大丈夫ですか。
    袋下さいって言った瞬間、まさかとは思いましたが、予感が的中。
    初めて見ましたヘリ酔いをされたフライトDr.を。
    ですが星野先生のめげない根性の強さに感動しました。
    ヘリ酔い克服出来るといいですね。
    乗った事のある人にしかわからない事でしょう。
    これからの星野先生のご活躍を期待しております。
    長々と大変失礼しました。












    返信削除
    返信
    1. 岡田さん、いつも応援ありがとうございます。
      群馬の冬の北風は本当にすさまじく、星野先生のみならず何人もつらい目にあっていますが、みな乗り越えてきました。何よりも状況に合わせて機長がヘリをコントロールしていただいていることに感謝ですね。
      自分としても以前指導したスタッフの現場活動の様子が見られていろいろな意味で価値がある放送となりました。でもまだまだ当県の活動がトップレベルではないこともはっきりしました。
      これからもっともっとスタッフの育成を強化して、さらにレベルアップを目指していこうと思います。

      削除
    2. 群馬県のレベルアップを目指して頑張って下さい、CSカフェ?で一息つきながら。
      修正→原先生ではなく原澤先生でしたね。
      大変失礼しました。

      削除
    3. CSカフェで常に情報入手しながらがんばります。

      削除
  4. 昨日、ドクターヘリのテレビを見ていまして星野先生の特集女の方でありながら素晴らしいと思います。切断か、交通外傷による高エネルギー外傷かを判断しなければいけないということ、最初はヘリに酔ってしまったこと。でも立派なフライトドクターになられたことをきき、嬉しく思います。力強く頼もしいですね★♪しかし、町田先生とCSの方達のコミュニケーション和んでいつつ、しっかりやりとりがあるということがわかりました。

    返信削除
    返信
    1. 佐藤さん、コメントいただきありがとうございます。
      フライトドクター独り立ちはまだスタートラインに立ったことにすぎないため、これからが本番です!さらに皆様に安心してもらえる医療スタッフになってもらえるように修行の道は続きます。
      ちなみにCS室に入って最初の会話はいつも「天気と風」のことです!そしてコーヒーの濃さです(笑)

      削除
  5. 昨日テレビでみました。
    これからも群馬ドクターヘリの活躍を期待しています。町田さんそれに星野さん頑張ってください。

    返信削除
    返信
    1. ishidaさん、コメントいただきありがとうございます。
      皆様の期待にお応えできるよう、病院、消防、行政、運航会社すべてが『患者さんのために全力をつくす』ことを忘れずにさらに努力していこうと思います。
      これからも応援よろしくお願いします。

      削除
  6. はじめまして。コメント失礼します。
    私は救急医療に興味のある18歳です。
    コードブルーのドラマをみて フライトナースになりたいと思い、北海道にあるドクターヘリを見学させていただいたり、ドラマに出てくる用語などを自分で調べて勉強したりしています。

    いろいろ進路を悩んでしまって、今は保育系の短大に通っていますが、ドクターヘリや救命系のテレビ番組は必ず見ています。
    今回テレビを見て、こちらのブログを見させていただきました。
    星野先生が無事にフライトドクターになられたとのこと、とても嬉しく思います。
    それと同時にフライトナースになりたいという気持ちを少し思い出しました。

    今回のテレビでは、医療用語について詳しく説明があったりと、とても勉強になりました。
    まだ これから医療職を目指すかはわかりませんが、もう少し諦めないで考えてみたいと思います。

    長くなってしまいすみません。私のような普通の学生がコメントして良かったのかわかりませんが、またブログ拝見させていただきます。

    返信削除
    返信
    1. みずきさん、素敵なコメントを頂きありがとうございます。
      まずは僕が北海道出身のためまずそこがとてもうれしかったです!北海道のドクターヘリはも厳しい環境の中で本当に素晴らしい活動をしており、群馬県も学ぶことばかりです。
      また今回の番組の医療用語の解説にも少し関わりましたが、皆様がわかいやすいように注意したところもあり、勉強になったということであればこれも本当にうれしい限りです。
      ちなみに僕は子供の保護者会関係の仕事もしていて、そこで接する保育系の先生方もとても素敵です。将来どの道に進むとしても人とかかわる仕事をする場合は、相手のことを一番い考えるに尽きると思います。
      また何かありましたいつでもブログにコメントください。Facebookのファンページもありますので、そちらでもお待ちしています!

      削除
    2. こちらこそ返信していただき、ありがとうございます。
      北海道出身なのですね!それはとても嬉しいです。早く北海道の全域がドクターヘリでカバーできるようになればいいなと思います。見学させていただいたのは手稲の病院だったのですが、小学校の頃 保健室の先生に その病院の存在を教えてもらい、いつかはそこで働きたい!と思っていたので、とても嬉しかったのを思い出しました。
      実は私の親友が群馬にいるので、今回のテレビが 群馬の病院に密着していて幸せでした。その友達も同じく救命救急の看護師を目指しています。
      私が進んだ道の保育系のお仕事も尊重してくださり、ありがとうございます。今は 病院内の保育士として働きたいと考えています。
      Facebook、フォローさせていただきました。

      本当に返信ありがとうございました。宝物になりました。ありがとうございます。

      削除
    3. みずきさん、手稲渓仁会病院は北海道のドクターヘリのパイオニアとして大活躍されており、僕もいろいろな機会で多くのことを学ばせていただいています。
      親友の方とも何か機会があれば一緒に働く機会があるかもしれませんね。みずきさんと親友の方のこれからもご活躍を心より祈っております!

      削除
  7. 観るの忘れてしまいました。
    前橋赤十字病院ドクターヘリの大ファンです。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん、ファンと言ってくださるその期待にお応えできる活動ができるように、今一度スタッフ一同の気合を入れ直してもっと患者さんのことを第一で考えていくようにしていきます!
      もし再放送などがある場合はご案内させていただきます。

      削除

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...