2015年3月4日水曜日

代替手段での出動が年間100件を超えました!(群馬県ドクターヘリ2月活動速報付)


町田です。
 
群馬の冬はやっぱり風が強すぎます。空は晴天ですが屋上の最大瞬間風速50ノット(25m/sec)超え・・・さすがのBK117C-2も屋上ヘリポートに待機することができません。
強風時は群馬ヘリポートで医療スタッフも待機していますが、いくら天気が晴れていても風が強すぎて風が落ち着くまで運休になることもあります。

 
群馬県ドクターヘリは要請に対する未出動の割合が多いです。今年度は3月3日まで1198件の要請に対して387件の未出動があり、要請に対する出動率は67.6%とあまり高くありません。
もちろん重複要請にお応えできていないものが一番多いのですが、それでもあらゆる手段を使って病院前に医療チームを送り込んで1秒でも早い治療ができるように、様々な機関と連携を強化しています。
実は未出動387件のうち104件は病院前に医療チームを提供しています。当院スタッフが病院前に行く手段としては群馬県防災ヘリドクターヘリ的運用、前橋ドクターカーがあり、また広域連携や他機関の協力により栃木県ドクターヘリ、信州ドクターヘリ佐久、高崎ドクターカー、足利ドクターカーに出動していただくこともあります。この104件を合わせると出動率は76.7%と10ポイント近く上昇します。特に重複要請による未出動153件のうち約1/3にあたる53件は他機関による出動で対応しています。
 
2/21~3/2の10日間も18件の未出動がありましたが、半分の9件は病院前で医療チームが患者さんに接触することができました。関係各機関のご協力に心より感謝いたします。
 
向かって左側の色つき日付が他機関の協力を頂いたもの。
 
 
 
☆群馬県ドクターヘリ2月活動実績速報☆
2015年2月の実績です。
(*未出動31件、要請件数98件の間違いです・・・すいません。)
 
〇要請:98件(3.50件/日)・・・先月-19件、昨年同月+31件
〇出動:67件(2.39件/日)・・・先月-5件、昨年同月+13件
 ・現場出動 52件
 ・施設間搬送 6件
 ・出動後キャンセル 9件(キャンセル率:13.4%)
 ・その他 0件
〇未出動:31件
 ・重複要請 17件 ⇒ ☆代替出動:8件
 ・救急隊現着後キャンセル 2件
 ・天候不良 9件 ⇒ ☆代替出動:1件
 ・待機時間外 2件 ⇒ ☆代替出動:1件
 ・その他 1件
 
☆未出動に対する代替出動:10件
 ・群馬県防災ヘリドクターヘリ的運用 1件
 ・栃木県ドクターヘリ 5件
 ・信州ドクターヘリ佐久 1件
 ・高崎ドクターカー 2件
 ・前橋ドクターカー 1件
 
月別要請数(上段)・出動数(下段)
 
 
<要請消防本部>要請/出動:98/67件
 ・吾妻広域消防 19/15件
 ・利根沼田広域消防 15/12件
 ・高崎市等広域消防 12/7件
 ・前橋市消防 11/6件
 ・多野藤岡広域消防 9/9件
 ・渋川広域消防 8/4件
 ・桐生市消防 7/4件
 ・館林地区消防 6/2件
 ・富岡甘楽広域消防 4/3件
 ・伊勢崎市消防 3/3件
 ・太田市消防 3/1件
  *北関東広域連携(栃木県)  1/1件

2014年度(4~2月) 消防本部別要請・出動数




 
 
<搬送先病院>傷病者:61名(多数傷病者事案:2名 3件)
 ・26名:前橋赤十字病院・・・U-turn率:42.6%
 ・ 7名 :高崎総合医療センター
 ・ 6名 :群馬大学医学部附属病院
 ・ 4名 :太田記念病院
 ・ 3名 :原町赤十字病院
 ・ 2名 :公立藤岡総合病院、公立富岡総合病院、利根中央病院、西吾妻福祉病院
 ・ 1名 :群馬県立心臓血管センター、桐生厚生総合病院、伊勢崎市民病院、日高病院、城山病院
 *他県搬送
 ・ 1名 :獨協医科大学病院(栃木県)
 
 
 <疾患分類>
 ・外傷:35名
 ・内因性疾患:26名
 


2015年2月 疾患分類
 

<新規のランデブーポイント>
ランデブーポイント登録数:750ヶ所・・・先月-1ヶ所
ランデブーポイント使用数:500ヶ所・・・先月+3ヶ所
2015年2月末日のランデブーポイント登録・使用数

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...