2015年2月17日火曜日

道南ドクターヘリが運航開始となりました!

町田です。
今日は朝から大きな地震があり、さらに岩手県沿岸部には津波が到達しました。さいわい大きな被害が出ずに津波注意報は解除されましたが、この時期のこのような自身は心がつらくなります。
群馬県はそんなに揺れなかったため、仕事中のスタッフはほとんど気が付いておらず、逆に通勤中など携帯などを見ていたスタッフは気が付いているものの、いないという状態が見られました。もっと病院としてアンテナを高くするとともに、情報共有をしっかりしないといけないと感じました。


昨日2月6日、『北海道道南ドクターヘリ』が運航開始となりました。
道央、道北、道東に続いて、北の大地に4機目の翼が誕生しました!


直接的には何もお手伝いはできませんでしたが、運航準備に向けて基地病院である市立函館病院救命センター長の武山先生や岡本先生(高校の同級生です!)が当院に見学に来ていただいたり、逆に昨年は市立函館病院に見学に行き同級生と食事をしながら(ちなみに同級生におごってもらっちゃいました!)熱く語り合ったこともあり、なにかと思い入れが強くあります。

北海道はとにかく大きいです。その地にドクターヘリが有用であることはすでに3機の翼が証明しています。離島もかかえた地域であり、青森県との連携なども含めて、大きく飛躍することを心より願っております。

函館空港を拠点とした基地発信方式です。
 
基地病院の屋上ヘリポートからは函館山を一望できます!

道南ドクターヘリの詳細についてはホームページをご覧ください。
 ⇒ http://www.hospital.hakodate.hokkaido.jp/doctor-heli/index.html


(本ブログの記載にあたり、写真を提供していただいた市立釧路総合病院 其田先生、市立函館病院 岡本先生に心より感謝いたします。)

4 件のコメント :

  1. 北の大地に4機目ですかぁ~。
    北の大地は広いので必要ですねぇ。
    あまり見ない機体ですね、鼻が長い。
    地震嫌です3・11を思い出してしまうので。
    今でもあの光景が頭から離れません。

    返信削除
    返信
    1. 岡田さん、福島の沿岸部にいらっしゃったので地震への気持ちは僕らには想像がつかないところがあります。本当に大きな被害がこれ以上でないことを祈るばかりですね。
      北海道で4機目の誕生は本当に素晴らしいことです。それでもまだまだ北海道には必要です。それくらい広い大地ですからね。群馬もたくさんの要請数にこたえるためにもう1機導入していただきたいです。

      削除
  2. 群馬も二機目導入検討を・・・。
    我が県は二機目導入に向けて動き始めました。
    今からどこが基地病院になるか、どのような運航体制に成るのか等、興味津々です。
    何しろ我が県も広大な大地?まではいきませんが、エリアが広いので、縦に。
    群馬と連携出来る日を・・・。

    返信削除
    返信
    1. 岡田さん、群馬のもう1機の夢もありますが、今は他の代替え手段をうまく駆使できれば解決できると思っています。ここは医療スタッフ側の心次第で変えていけると思います。
      新潟はエリアが大きいのでもう1機は必要ですね。先日泉田知事とちょっとだけお話しする機会がありましたが、群馬との連携を前向きに考えていただけるような雰囲気を感じました!

      削除

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...