2014年12月5日金曜日

関東ブロックDMAT訓練報告。(今年度は群馬県で開催されました。)

中村です。

1128,29日に群馬県内で関東ブロックDMAT訓練が行われました.各ブロック単位での訓練で,関東では2年前から行っています.2012年は茨城県,2013年は神奈川県での開催でした.

県外からは,80を超えるDMATが参加していただきました.また,県内では,11病院(利根中央病院,沼田病院,渋川総合病院,群馬大学附属病院,群馬中央病院,済生会前橋病院,伊勢崎市民病院,公立藤岡総合病院,公立富岡総合病院,太田記念病院,前橋赤十字病院)で院内訓練も行いました.消防学校では救護所を設営し,日本赤十字社群馬県支部訓練を同時に行いました.県内DMAT(桐生厚生病院,館林厚生病院,高崎総合医療センター,前橋赤十字病院)や日本赤十字社救護班(深谷,芳賀,原町,前橋)が参集し,救護所運営や医療搬送を行いました.

また,県内の11消防すべてに協力いただき,病院間医療搬送や救護所運営,救護所からの医療搬送,ドクターヘリRPの安全確保を行っていただきました.

 
1128日,9時に群馬県南部(日高遺跡直下 10㎞)を震源とする,震度7M 7.0)の地震が発生,さらに北部(片品左岸断層)も連動し,南部だけでなく北部にも甚大な被害が発生しました.県外DMATは,ららん藤岡と太田記念病院を参集.そこから,各活動拠点本部に移動.活動拠点本部長の指示のもと,管轄地域の災害拠点病院に派遣決定されました.
 

同日,17時から高崎ビューホテルにて,懇親会が行われ,関東中のDMATが顔を合わせ,顔の見える関係作りと情報交換(通称“夜のDMAT研修”)を行いました.


1129日は,前日の訓練の続きで,DMAT拠点本部では,管轄の病院群の被災状況の確認を行い,各病院での訓練に合わせ,DMATによる病院支援や後方搬送を行いました.日高病院は,震源に近いこともあり,病院機能が著しく低下,倒壊の恐れもあることから病院避難の訓練も同時に行いました.

 
実は,君津,埼玉,佐久ドクターヘリも応援に来ていただける予定でしたが,やはり天候不良で参加できませんでした.が,午後から,天候が回復し,群馬県ドクターヘリは訓練に参加し,前橋赤十字病院から相馬原駐屯地SCUへ患者の搬送を行うことが出来ました.
 
 

 
SCUでの訓練の動画はこちらから見ることができます(上毛新聞動画ニュース)。
 
 
多くの反省を残した訓練でありましたが,無事終了することが出来ました.訓練にご協力いただいた方々に感謝いたします.

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...