2013年4月11日木曜日

生と死と・・・~新人初期研修医オリエンテーション~

町田です。

今日は当科にとって一発勝負の日でした・・・
勤務のローテーションの都合上、スタッフ19名が全員集合するのは難しい中、2年連続で『スタッフ全員集合写真』をとることができました。
今晩は新スタッフの歓迎会もあるので、その写真と合わせて明日のブログで公開予定です。お楽しみに!
屋上ヘリポートから降りてくる雨宮先生待ちです・・・

4月1日から2013年度新人初期研修医のオリエンテーションが始まっています。
医療面接、採血や縫合などの実際に患者さんに対応する手技だけではなく、輸血のルール、様々な書類の書き方など、学生時代にはなかなか学ぶことのできない実務的なことをこの2週間で学んでいます。すでに医師免許を取得しているので、新人とはいえ現場に出れば医師としての活動をしなくてはいけません。
まだ白衣姿が初々しい感じです。
今日のオリエンテーションは当科の出番です。
医師になると人間の生死にかかわる機会ばかりです。特に当院は救命救急センターであり、患者さんの最期を看取らなければいけない場面が必ずあります。
その患者さんの人生の最期に関わるにあたって、その時の対応方法やその後に必要なことをきちんと理解し、また患者さんの家族にきちんと説明できることが必要になります。
また『死亡診断書(死体検案書)』を記載するにあたっても、公文書である以上はその記載の誤りで大きな問題になることもあります。
毎年新人研修医がロールプレイを交えながら中野センター長から直接指導を受けています。
 中野劇場の開幕です!
ちょっと覗きに行った僕もとても勉強になりました。
 
午後はBLS&AEDコースが行われました。
来週からさっそく各研修医ともに病棟デビューとなります。万が一目の前で患者さんが急変した時、医師である以上は『新人なので出来ません』では許してもらえません。
落ち着いてしっかり対応できるように今年は中村先生の指導の下で、急変時の対応についた学びました。“応援を呼ぶ、しっかりと胸骨圧迫をする、AEDをきちんと使用する”の基本を忘れずに、これから様々な場面で活躍してくれることを心より願っています。
心肺蘇生の基本である『胸骨圧迫』を体に叩き込んでくださいね!
 







0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...