2011年9月9日金曜日

あの時、石巻市立病院のスタッフは・・・(番組紹介です)。

町田です。

明後日で東日本大震災が発生してから6ヶ月がたちます。群馬はほとんど震災前と変わらない日々が過ぎていて、被災地からも復興のニュースが増えてきています。しかしながらまだ復旧のめどがたってない地域もたくさんあることも確かな事実です。また先日の台風12号による被害も甚大で、日本列島に大きな爪痕を残していきました。

群馬県は今元気です・・・だからこそ僕たちはまだまだ支援を続けなくてはいけないと考えています。


地震発生からちょうど半年にあたる9月11日に、フジテレビ系『Mr.サンデー』で石巻市立病院の特集が組まれることになりました。当院DMATや多くのドクターヘリが同病院で活動しましたが、今回の特集では、石巻市立病院側の視点から患者さん救出活動がどのような経緯や組織体制でなされたかを取り上げるとのことです。
患者さんのヘリコプターによる救出活動は、過酷な状況の中での石巻市立病院のスタッフの的確な判断と行動がなければ決してなしえなかったと思います。僕自身もDMAT隊員の一員としてその場にいましたが、なかなか石巻市立病院のスタッフとゆっくり話す時間はなく、今回のこの特集でその当時のみなさんの思いを少しでも感じることができればと思います。

9月11日(日) 22時~23時15分 『Mr.サンデー』(フジテレビ系列)
およそ20分間の特集で、おおむね22時40分頃からの放映予定です(変更の可能性あり)。
*当院からは画像や資料を提供させていただきました。

7 件のコメント :

  1. 石巻市立病院外科医師です。
    あのときなにが起きて、皆さんが救出に来るまでがどのような状況だったのかが語られるはずです。現在、当院再建の道筋は政治的な問題もからみ、いまだ明るくなく、現場に残る我々は精神的に極めて厳しい状況が続いています。光り輝く石巻赤十字病院の活躍に比べて我々の活動はほとんど知られることがありませんでした。少しでも多くの方に我々の限界状態での努力とその後の辛い状況を知ってもらえたらと思って取材に応じました。

    返信削除
  2. 先生、コメントありがとうございます。あの時、僕はずっと市立病院の外で活動しており、スタッフの皆さんとお話しする機会がほとんどありませんでした。でも現場の統括DMATからは先生をはじめスタッフの皆さんのご苦労があったからこそこの活動があったと教えていただきました。赤十字病院は赤十字病院なりの大きな困難があったと思います。しかし市立病院のことはまだまだ知られていないのも事実です。またDMAT側からのコメントはあったとしても、スタッフのみなさんの思いというのは実際今までに伺うことができませんでした。そういう意味でも今回の特集は自分にとっても大切なものになると感じています。
    先日東北大学にJATECのインストに行った時に、その当時初期研修医で市立病院でガンバっていた先生にお会いすることができました。ゆっくり話す機会はありませんでしたが、頑張っている姿を見て本当にうれしく思いました。市立病院再建のためにこれからも支援つづけます!

    返信削除
  3. ありがとうございます。ブログに取り上げてもらうだけでも感じるものがあったので、コメントしました。先生のお気持ちだけでも本当にうれしく思います。救出に加わっていただいた先生方全員にお礼を述べることはできないのですが、私は一生感謝して生きていきます。あの経験を伝えることが私の役目だと思っており、今後も地道にやれることをやりながら、語り部としての活動もしていこうと思っております。

    返信削除
  4. 先生方の姿に本当の“医療者の魂”を感じました。僕たちもまだまだできることを探して、頑張っていこうと思います。
    いつになるかわかりませんが、病院の再建と皆さんとの再会を心より願っています。

    返信削除
  5. 石巻市立病院外科先生さま
    『Mr.サンデー』で先生や看護師さん、事務の皆さんの過酷な状況での活動を拝見しました。きっとテレビでは伝わりきれないご苦労がもっともっとあったと思います。うまく言葉が出てきませんが、先生方の活動があったからこそ患者搬送のDMAT活動ができました。
    あの当時のスタッフの皆さんや患者さんはお元気にされているでしょうか?3/15の朝に皆さんより先に最後のドクターヘリで帰還する際に、多くの皆さんと交わした握手の温かさは絶対に忘れません!必ず石巻の復興と皆さんとの再会を信じています!!

    返信削除
  6. 匿名のままですみません。
    放送に使われた映像はほとんど私が提供したものです。医師は大半が異動になってしまったのですが、看護師・技師の多数が現地に残っています。いまだに再建の道筋すら示されず精神的には疲弊していますが、基本的に元気です。DMATの皆さんに救出してもらった患者さん達も治療が一段落して仮診療所に来てくれても改めて他の施設へ紹介するしかない状態が続きました。今もやれることを地道にやりながら、じっと待つしかない。まるで孤立して救援を待っているようなじりじりした思いの人間は多いと思います。そんななか、先生の言葉は本当にありがたく思います。なんとか復興できるように頑張ってみます。

    返信削除
  7. 石巻市立病院の看護師さん・技師の皆さんの多くが現地に残っているのですね。地域を守ろうという責任感を強く感じます。本当に微力にしかなりませんが応援しています!

    返信削除

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...