2018年7月8日日曜日

「命を守る最善の行動を。」~“大雨特別警報”発令中~

町田です。
都内で災害医療コーディネートに関わる研修中ですが、やはり西日本を中心とした大雨の状況がきになります。

今朝7時の時点で51名の尊い命が失われていて、さらに多数の安否不明の方々がいらっしゃいます。亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害がこれ以上でないことをただただ願うばかりです。
また消防・警察・自衛隊など災害対応にあたっている関係機関の皆様、行政・医療関係者の皆様の安全を祈っています。

現時点で岐阜県、愛媛県、高知県に大雨特別警戒が出ています。
特別警戒については気象庁のホームページに詳細がのっています。
https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/tokubetsu-keiho/kizyun.html
特に特別警戒が出ている地域では、「命を守る最善の行動をとる」ことが大切です。


また群馬県でも梅雨明け宣言されてから雨の日が続いており、先日の地震と合わさって土砂災害のリスクが高くなっています。不用意に崖や河川に近づかないなど油断せずに行動し、万が一の時に救助活動する方々の命をも危険にさらすことがないよう気を付けましょう。
またここ数年特に顕著化している気候の変化(北海道で梅雨?、春・秋がほとんどない?、毎年繰り替えす大雨災害)に、「日本の気候が亜熱帯化している」という前提で防災対策の見直しも必要だと感じています。

当院としても物資支援、救護班派遣など長期にわたるサポート対応が必要となる可能性を考えながら、情報収集などできることを続けていきます。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...