2018年6月22日金曜日

「第91回日本整形外科学会学術集会」に参加しました。

佐々木です。
52427日、神戸で開催された、第91回日本整形外科学会学術総会に参加してまいりました。
私は24日の日勤後18時に出たものの、新幹線の電気系統のトラブルで、神戸のホテルに着いたのは翌朝6時でした。さすがに午前の講演には参加できず、午後から参加することとしました。


講演は外傷、脊椎、股関節、膝、腫瘍、骨粗鬆症などそれぞれのテーマごとに会場がわかれていたため、私は外傷の会場で講演をきくことにしました。
外傷については救急科の先生も講演されていました。外傷の各論的な話も大変勉強にはなりましたが、より多く興味をもたれていたのは、整形外科と救急科がどう連携しているか、良い関係ができている病院ではどんなことに気を付けているのか、といったことでした。
連携がうまくいっている病院では、毎日、整形外科、救急科、集中治療科でカンファレンスを開いたり、整形外科医も蘇生処置の一員として率先して関わっている、といったご意見をうかがいました。救急科としては、どの科に対しても言えることですが、相手を尊重してコンサルトすることが強調されていました。


今回の学会で、整形外科、救急科がどうやってより良く連携していくかという課題に対して、他の病院も強い興味を持っていることがわかりました。今後も当科としてもより一層努力していきたいと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...