2018年5月2日水曜日

「第121回日本小児科学会学術集会」&「小児救急蘇生シンポジウム」に参加しました。

4月から新たにメンバーに加わりました中林と申します、今後よろしくお願いします。

先日、福岡で開催された小児救急蘇生シンポジウムと日本小児科学会学術集会に参加してきました。

心肺蘇生にまつわる最新の知識と共に、今回は小児科学会が主催していることもあり、学校心停止の撲滅や心停止の原因検索、心停止予防といったテーマも取り上げていました。学校での問題といえば熱中症がよく取り上げられますが、「運動中の失神には特に注意が必要!」だそうです。

 
小児科学会では分野問わず沢山のテーマで講演や発表が行われていました。医療に限らず、虐待や貧困といった福祉にまつわる話題が今回は沢山取り上げられていました。毎日救急外来にやってくるお子さんにも、密かに社会的な支援や介入が必要かも?と改めて学ばせて頂きました。


小児科医上がりの救急医としては、小児医療と救急医療をつなげていけるような話題を中心にこれから少しずつ発信していきたいです。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...