2017年7月27日木曜日

「第39回日本呼吸療法医学会学術集会&呼吸療法セミナー」に参加しました。

後期研修医小松です。
去る715日及び16日に行われた第39回日本呼吸療法医学会学術集会に参加してきました。

当科からは劉先生がシンポジウムで発表しました。
「医師主導で取り組む前橋早期離床プロトコールの導入と患者予後改善効果の検討」


学会の内容としては、当院では積極的に行なわれているECMOEarly mobilizationといった日本でも最前線の取り組みの報告や、経肺圧や2016年に改訂されたARDSガイドラインなど最近話題の内容まで多岐に渡っておりました。


15日に行われたPAD(痛み:Pain、不安:Agitation、せん妄:Delirium)に関する講演が聞けなかったのが残念ではありますが、16日にはJ-PADガイドラインに沿った内容のハンズオンセミナーに参加することができました。
今後当院でもPADプロトコールを改定、改良していこうと考えています。


今回の学会参加で得た知識や医療に対する姿勢を今後の診療に積極的に生かしていこうと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...