2017年4月29日土曜日

関越道バス事故から5年がたちました・・・

ゴールデンウィークが始まりました。
この時期が来るとどうしても思い出すのは5年前に起こった「関越道大型バス事故」です。


5年前もゴールデンウィーク初日でした。朝方に7名の尊い命が失われ、39名の方が重軽傷を負う大きなバスの事故でした。この事故で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。
この事故の対応では、広域災害対応ばかりに目が行っていた群馬県の各機関に、局地災害対応の課題をまざまざと見せつけられました。
この事故対応の反省から、事故発生から医療チームの体制が遅れないように、災害情報提供方法や当院内の災害対策本部立ち上げ・DMAT参集の手順の整理がされました。
警察から基幹災害拠点病院へ情報提供できるルートができました。
どのような方法でも災害情報が入れば10分以内に決断します。
そして今は県境での高速事故対応で隣県との連携を強化する動きを盛んにしています。


途中に平日を挟みますが9日間にわたる大型連休が始まりました。
楽しい思い出が事故などで悲しみに塗り変わらないように、事故に十分気を付けてお過ごしください!

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...