2017年2月13日月曜日

小児集中治療の新たな学びのために。~国立成育医療研究センターPICUでの短期研修~

藤塚です。
年始にLondonから一時帰国しました。時差ぼけの中、久しぶりの日本を味わい、前橋日赤の忙しさを感じつつ、今回、小児集中治療の改善と新たなものを学ぶべく、国立成育医療研究センターの集中治療部での短期研修をして参りました。

 夜になると病院の敷地内では、ライトアップされた心和むスペースがありました

PICUPediatric Intensive Care Unit)は、小児専門の集中治療室です。
小児患者さんは、成人と違い発達段階にあるため、解剖学的(体の構造)にも、生理学的(体の機能)にも、治療上、注意すべき点があります。また、体の大きさも異なるため、使える器具が異なっています。
そんなノウハウをさらに磨き学ぶべくPCIUにお邪魔して、短期間でありますが多くのことを学ばせていただきました。
 
 
より良い医療を提供できるよう、少しでも今回の研修を生かし当院・群馬県の医療の力になれればと思います。
短い期間でしたが研修を受け入れてくださった、成育医療センターの集中治療部の皆さん、本当にどうもありがとうございました。
 
 
次は再度イギリスへ。呼吸循環器・移植センターであるCambridgPapworth Hsopitalに行ってまいります。
留守の間、当科の仲間たち・スタッフの皆さん、本当にどうもありがとう・宜しくお願いします!

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...