2017年1月9日月曜日

専門科での研修②~“放射線診断科”編~

お世話になっております。今年度前橋赤十字病院で研修させていただいている名古屋大学の錦見です。
今回センター長のご好意により放射線診断科にて一ヶ月研修をさせていただいたのでご報告します。

 
救急外来にて一人当直をする時に画像読影にもっと自信をつけたいと思ったのがそもそものきっかけですが、今回の研修は想像以上に自分にとって勉強になりました。
放射線診断科の森田先生、熊坂先生に丁寧に指導していただき、自分が読影した画像一枚一枚に対してフィードバックをいただきました。
クリックすると新しいウィンドウで開きます
放射線診断科部長 森田先生
 
☆放射線診断科
https://www.maebashi.jrc.or.jp/gairai/details.php?eid=00032
 
一ヶ月で500枚ほどの画像を読むことができ、自分なりにある程度読影に自信がつくようになりました。
ICUでも呼吸不全や熱源検索のCTを撮影する場面は多々あり、CTで見られる浸潤影をARDSIPか肺炎か心不全かdiscussionする領域はとても面白くて今後の役に立ちそうです。

また緊急TAEにも参加させていただき、治療戦略の決定など、救急外来の勤務だけでは学べないようなことも学べました。

 
放射線科は仕事環境もいいみたいで来世は放射線科になろうと思いました!
小学生の読書感想文みたいな文章になりましたが、一ヶ月間本当にありがとうございました。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...