2017年1月12日木曜日

恩師と紙面でご一緒させていただきました!~伊勢新聞ドクターヘリ取材~

町田です。
北海道出身の僕にとっては関東地方の小中高校の冬休みの短さにはいつも驚かされますが、それでも今年は年末年始に続いてすぐに3連休が待っていたため、子供たちもいつもよりは長い冬休みを過ごせて喜んでいました。救命センターは休みが続いた影響で救急入院患者がかなりの数になり、ベッドコントロールに難渋しやむなく他の病院に転院していただく事態になっております。いろいろご不便おかけしますがご理解のほどお願いするとともに、何よりも自分自身で病気にならないように予防と対策をしっかり行ってください。


以前当院の看護師長の旦那さんの紹介で昨年の11月と12月の2回にわたって三重県の伊勢新聞社からドクターヘリに関する取材を受けていました。
救急医療の現状に関する院長へのインタビューに始まり、さらにドクターヘリ広域連携から防災ヘリとの協働まで、若い記者さんでしたがとても熱心に質問をたくさんいただきました。
その取材をもとにできた記事が1月3日発行の伊勢新聞に掲載されたようで、その新聞が昨日当院にも届けられました。

なんと横には大学の先輩でもあり大学病院勤務時代の医局の先輩である三重大学の今井教授がいらっしゃいました。
大学病院の新人時代に救急患者や緊急手術でご指導いただいた恩師であり、いまでも学会でお会いするたびに声をかけていただいていますが、このような形で大先輩とご一緒させていただいたのは本当に光栄でありうれしい限りです。(ちなみに名前も同じ「ひろし」です。)
正月の新聞で見開きでドクターヘリ特集・・・
三重県におけるドクターヘリへの期待の高さがうかがえます!

大学病院で勤務していた若僧時代にたくさんご指導いただいた医局の先輩、救急の先生方がいま日本全国にいらっしゃって、この年になっても全国どこに行っても多くのことを教えていただいています。
これから先は少しずつ恩返しをしないといけないと思っていますが、この先もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

来年度(今年)の政府大規模地震時医療活動訓練では三重県も被災地の想定となり、それに伴い空路搬送をふくめて訓練の準備に関わっていくことになると思います。その時に少しでもお役にたてるよう頑張ろうと思います。


“ひろし”つながりのおまけの写真・・・
高崎ヘリポートのひろし(キジ)を撮るひろし(ヒト)!

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...