2016年12月15日木曜日

「日本DMAT隊員養成研修」を受講しました。

こんにちは、白戸です。
12710日にDMAT隊員養成研修に参加しました。


DMATとは災害時、特に超急性期に活動ができるようにトレーニングされた災害専門チームのことです。実際に行う仕事は災害現場での救護、被災地の病院支援、搬送など多岐にわたります。
当院には救急科医師をはじめ、数十人のDMAT隊員が登録されています。今回、私も隊員になるための研修に参加できることになりました。


4日間、朝から晩までのタイトなスケジュールでした。それだけ、災害時に必要な知識、能力は多いのだと思われます。やはり、知らない知識が多く、大変勉強になりました。しかし、今の実力で、災害時に良好な活動ができるかといわれると・・・。


災害支援は、被災者のために行われることであり、支援者の経験のために行われるわけではありません。ですので、能力不足の支援者はかえって邪魔なだけです。その意味では、平時にトレーニングを繰り返すことが必要だと思われます。私も、来るべき本番のために、勉強をしていく必要性を感じました。幸い、当院には災害のスペシャリストといえるような上司がたくさんいるので、勉強させていただこうと思います。
 
 

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...