2016年12月9日金曜日

「若手医師のための小児呼吸器ワークショップ」に参加しました。

こんにちは、白戸です。
1234日に「若手医師のための小児呼吸器ワークショップ(主催:日本小児呼吸器学会)」に出席してきました。

小児の診療は、先天性疾患もあれば、身体診察や画像検査がうまくできないことも多々あり、専門外の医師は苦手としています。僕もその一人で、ERでの小児診療のトレーニングとして参加しました。


参加者はほとんど小児科のDrで、救急医と初期研修医の先生が少数参加していました。

小児呼吸器を専門としている講師の先生方に、胸部レントゲン読影、乳児喘鳴、呼吸機能検査など講義していただきました。
気管支分岐異常、声帯機能不全などなれない言葉ばかりでついていくのが大変でしたが勉強になりました。


成人型の救急医は、小児診療の機会が多いわけではないですが、よくある疾患や緊急疾患には対処できなければいけないですし、珍しい疾患であっても小児呼吸専門医につなげることが必要です。
今後も機会があれば小児診療の勉強をしていこうと思います。

同じ頃、山形では町田副部長が
小児外傷コースのインストで参加していました。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...