2016年12月28日水曜日

2か月にわたり八戸のすごさを実感・・・~栗原先生、ありがとうございました!~

11月から八戸市立市民病院の栗原先生が当科で研修を行っていましたが、その2か月の研修が修了しました。

僕たちのとって八戸市立市民病院は「劇的救命」の合言葉のもと、つねに日本の救急医療を引っ張って行っている存在であり、その病院から当院に研修に来ていただくことがとても光栄であり、それ以上に来ていただいた先生が満足できる研修を提供できるかどうかのプレッシャーがありました。
栗原先生には持っている実力を十分に発揮していただき、我々の方が助けられたことばかりでしたが、特にICU研修中では当直のたびにかなり重症患者さんの受入をお願いした思い出があり、それなりに充実した日々を送っていただけたと信じています。

ちょうど栗原先生がこちらにいらっしゃるときに八戸市立市民病院の「ドクターカーV3」の活躍のニュースも入り、ECMOプロジェクトを行っている当院にとっても大きな刺激になりました。


本当に2か月という短い時間でしたが、柔和な物腰と冷静な判断に我々も学ぶところが多かったです。本当にありがとうございました。
またどこかでご一緒できることを楽しみにしています。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...