2016年11月4日金曜日

群馬県ドクターヘリ 10月活動実績

町田です。
祝日は救命救急センターが忙しくなります。昨日は前橋市を中心に「ぐんまマラソン(旧・県民マラソン)」が開催されており、それにより影響もあって市内のもう1つの救命センターと合わせて相当数の救急搬送がありました。個人的にはこの病院に来て最大の救急搬送数を受け入れましたが、救急車を1台も断ることなく、同時に自力で救命センターを受診されている患者さんの待ち時間もできる限り少なくなるように奮闘していただいたスタッフのの皆様に心より感謝いたします。
それにしても同じ規模の大きさの前橋市と高崎市にも関わらず、救急搬送数で約2倍の差がついていました。同時に市民の心構えについても考えなくてはいけないと強く感じました。


10月は比較的天候に悩まされることが少なかったためか、久しぶりに例年と同様のドクターヘリ要請を頂きました。日没時間が早くなってきており活動時間は日々短くなってきていますが、消防も病院も知恵を出し合って1件でも多くの要請にお応えできるようにしていきましょう。
 ちなみに10月はランデブーポイント以外の現場直ぐ近くに着陸する機会が多かったです。群馬県の場合は運航要領上で現場直近の着陸の方が手間がかかることが多く、そのような場所をランデブーポイントとして登録することでより速やかな活動ができるようになります。実際にある消防本部は10月中に13か所もランデブーポイントを増設してくれました。また今月には3か所で消防職員以外のランデブーポイントの安全確保の講習会が行われます。
すべては早期接触のために!


☆群馬県ドクターヘリ 10月活動実績☆
月別要請数(上段)・出動数(下段)
消防別要請・出動数(上段)、搬送先病院(中段)、疾病分類(下段)

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...