2016年10月28日金曜日

ドクターヘリが大好きな動物たち・・・

町田です。
昨年当院が事務局をさせていただいた日本航空医療学会総会が、今年はお隣埼玉県の川越でただいま開催中です。前日のビジネスミーティングより白熱の議論が行われており、今日から2日間の学会も大いに盛り上がりそうな予感です。報告は後日行いますのでお待ちください。


藤塚先生がイギリスについて新生活が始まるところですが、日本からたまにはゆる~~~い話題を・・・

いつも皆様から応援を頂いているドクターヘリですが、なんと群馬にはドクターヘリが大好きな動物が存在しています。

高崎市の烏川河川敷に高崎ヘリポートという公共ヘリポートがあります。
そこにドクターヘリが離着陸するときにかなりの頻度であらわれる「雉(きじ)」がいます。
離陸の時に逃げると思いきや、ダウンウォッシュを全身に浴びて気持ちよさそうにしています。

 
数年前に台風の影響で烏川の河川敷が水であふれた時にこのキジが無事がどうか心配しましたが、数か月後につがいで登場した際にはとてもうれしかった思い出があります。
ここ最近でもつがいで現れることがあり、患者さんを引き継いだ後のちょっとした癒しの時間になっています。
 
それにしても初めて見かけた5年前よりかなり大きくなっています。
高崎在住でドクターヘリに寄ってくるということで、あるヘリナースにより名前が付けられました。その名は「ヒロシ」・・・
 
 
ちなみに群馬ヘリポートに数か月に1度の割合でタヌキが出現しているようです。
まだ姿を見たものはいませんが、7つあるヘリ駐機場所のうちなぜか必ずドクターヘリが駐機する6番スポットにフ〇を残していきます。こちらにも勝手に名前を付けました。その名は・・・(ご想像にお任せします)


高崎ヘリポートも群馬ヘリポートもそれぞれ高崎市、前橋市と群馬県の市街地に近いところに存在していますが、河川敷にはまだまだ野生動物が残っているのですね。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...