2016年6月2日木曜日

『第19回日本臨床救急医学会総会・学術集会』に参加しました。


5,6月は救急関連学会の学術集会がたてつづきます。
5月には日本臨床救急医学会、今週初めには日本外傷学会、そしてただいま日本熱傷学会を開催中です。
また4月のECTESに引き続いて、ただいまEURO-ELSOという国際学会にも積極的に参加しています。
当科での成績を公表し様々な方々より貴重なご意見を頂いて、さらに当院の成績の向上に取り組んでいます。
 
 
5,6月の学会報告の第1弾は、5月12-14日に福島県郡山市で行われた『第19回日本臨床救急医学会総会・学術集会』の報告です。
 

当院からは小倉医師、小池看護師より発表がありました。

・小倉医師
一般演題「外傷」
『超音波ガイドを用いた大動脈遮断カテーテル留置』
・小池看護師
パネルディスカッション「JTAS の現状と今後の方向性」
『JTAS の現状と今後の展望』


今月も引き続き学会参加報告を行う予定です。よろしくお願いします。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...