2016年5月3日火曜日

【熊本地震活動報告④】日赤医療救護班(阿蘇医療圏での活動)

連休中ですが通常の高度救命救急センターの運用はもちろんのこと、熊本地震への医療スタッフ派遣、スタッフの教育も行っています。
この2日でもドクターカー、防災ヘリ、ドクターカーで、後期研修医3年目のスタッフが指導医とともに現場に出動し、独り立ちに向けての最後の追い込みを行っています。 

また本日早朝に『熊本赤十字病院医療スタッフ支援 第4次派遣』として、矢内看護師、松本看護師が当院を出発しました。7日には第5次派遣として白戸医師を派遣する予定です。熊本地震に対する災害救護活動はまだまだ継続中ではありますが、今回も熊本地震災害対応における当院の活動報告を行います。


<日本赤十字社群馬県支部第4救護班(医療救護班)>

・活動期間:2016年4月25日(月)~4月29日(金)
・活動場所:西原村

・活動隊:雨宮医師(班長)、劉医師、牧口看護師長、丸山研修医、城田看護師、土屋看護師、

      町田薬剤師、大崎検査技師、田村主事、富田主事(日赤群馬県支部)

・活動報告(雨宮班長より)

今回日赤群馬県支部第4救護班(医療救護班)として救護活動に支援に行ってまいりました。私たちの班が担当したのは、阿蘇山の麓にある西原村でした。同村には同時に山梨赤十字病院の班も救護活動に参加しました。
西原村の保育園の駐車場の一角をお借りして、テントを利用したdERUと呼ばれる屋外救護所の救護活動をはじめ、西原村内の小中学校などの避難所5カ所の巡回診療を行ってまいりました。避難者数は1500人に上り、診察させていただいた患者さんは100人/日に上りました。
 
 
 
<熊本地震に関するいままでの活動報告>
①熊本赤十字病院医療スタッフ支援
②日赤初動救護班(DMAT)(ドクターヘリに関わる活動)
③日赤災害医療コーディネートチーム(阿蘇医療圏での活動)
④日赤医療救護班(阿蘇医療圏での活動)
 (今回)

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...