2016年2月29日月曜日

『第43回日本集中治療医学会学術集会』に参加しました。

こんにちは、白戸です。
2/12-14に神戸で開催された第43回日本集中治療医学会に出席してきました。


初めて出席しましたが、医師だけでなく、看護師、MEなど多数の参加がありました。

<当科からの参加>
中野院長(前センター長)
・評議員会
・座長(ポスター:教育・専門医・医療経済)
宮崎部長
・評議員会
・座長(ポスター:重症度・予後評価)
・座長(ポスター:中毒・体温異常・悪性症候群)
鈴木先生
・デジタルポスター:気道・呼吸・呼吸管理
『長期ECMO管理中の肺生検によりECMO継続か撤退かを判断した重症呼吸不全の2例』
堀口先生
・ポスター:感染・感染対策
『重症呼吸不全に対するV-V ECMO管理後に重症サイトメガロウイルス腸炎を発症した一症例』
藤塚先生
・口演:多臓器不全、敗血症
『重症敗血症治療におけるICU専従医の意義』
・ポスター:心臓・循環・体液管理
ECMO脱血不良時の右房内構造物の存在とエコー評価の有用性』
劉先生
・ガイドライン:J-PADガイドライン
『前橋日赤早期離床プロトコール導入により安全に早期離床を推進できる』
白戸
・ポスター
ECMO管理中に筋肉内血腫を認めた一例』


参加人数が多すぎて学会場の手続きにやたら時間がかかり、出たかったランチョンセミナーのチケットを逃しました。

とはいえ人工呼吸器設定、新しい脳波測定など勉強になる発表がたくさんありました。私も発表を終え、気が抜けたところでみんなで神戸BEEFを食べに行きました。大変おいしゅうございました。

また来年参加しようと思います。ランチョンセミナーのチケットを先にもらいに行こうと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...