2016年1月15日金曜日

また大型バスの悲しい事故が起きてしまいました。~碓氷バイパス大型バス事故~

本日午前2時頃、軽井沢町の国道18号の碓氷バイパスで、スキーバスが崖下に転落し14人が死亡、27人が重軽傷を負っている大きな事故が起きました。
この事故で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、けがをされた方々の1日も早い回復を心より願っております。

この事故においては夜中にもかかわらず長野県内各消防、警察、病院が県を挙げて災害救護活動を行うとともに、隣県である群馬県の消防、警察、病院も活動に協力させていただきました。そしていまも搬送先で懸命な治療が継続されています。


この碓氷峠は国道、高速道路、新幹線など関東と信州をつなぐ大動脈が通っていますが、厳しい勾配やカーブが続きと残念ながら大きな事故が発生するところでもあります。
いままでもこの場所での事故には長野県と群馬県が協力して対応することが多くありました。今後ももっとスムーズに連携がとれるように、消防の応援協定だけに頼らずドクターヘリなどを含めて局地災害時の医療における行政の枠を超えた正式な連携を1日も早く達成させなくてはいけないことを改めて感じました。


最後にこのような悲しい事故がもう二度と起こらないことを強く願うばかりです。

2 件のコメント :

  1. 本当に悲しい事故が起きました
    夜中の事故で不安な方々を思いますと心も痛みます。亡くなられた方々にも対しましても心が痛みます。本当に深夜という時間帯ではありますが局長災害医療に対しての連携は必要になると思います。本当にお悔やみしかありませんね

    返信削除
    返信
    1. 佐藤さん、いつもコメントいただきありがとうございます。
      本当に悲しい事故です。一人でも多くの方が回復して元の生活に戻られることを願うのみです。
      ドクターヘリに関して群馬県は栃木、埼玉とは広域連携を結んでおり、県境付近で大事故が発生したさいに県の仲介なしで隣県の管轄消防から直接応援の要請が可能です。残念ながら長野とはまだこのような連携は結んでおらず、いつも碓氷峠で大事故が起こるたびにはやく広域連携を結ぶべきだと考えています。
      ちなみに新潟は2機目のドクターヘリ導入に合わせて群馬との広域連携に関する動きを見せていただいています。
      『県の境が医療の境ではない!』の一言に尽きます・・・

      削除

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...