2015年12月12日土曜日

『第23回小児集中治療ワークショップ』に参加しました。

11/78 つくば国際会議場で行われた、小児集中治療ワークショップに参加してきました。多くの参加者は、小児科の先生たちでありましたが、全国から集まっていました。


小児の重症患者さんは、救急の現場においては来院することは少なく、大きな病院でも診療することはめったにありません。そのため、小児重症患者さんを診るレベルがあまり高まってこない時代がありました。現在、その患者さんたちを集約し、集中的に診ることで診療レベルをあげることができています。

その病院の先生たちやメディカルスタッフの方々の話を聞いてきました。
実際集約するといっても、それまでの管理は我々がしていかねばなりません。


色々ためになる話や面白い話を聞くことができました。
鎮静管理や早期離床のためにできること、訴えなどできない子供は超音波を駆使すること。
欧米には、『おかゆ』がないから、『バーガー』や『ピザ』が主食としてでてくることも… など

 
今回学んだことを当科の診療にも生かして、よりよい診療をしていきます

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...