2015年11月9日月曜日

『第43回日本救急医学会総会・学術集会』に参加しました。

みなさんこんにちは。白戸です。
 
1021から23日に『第43回日本救急医学会総会・学術集会』に参加してきました。今回は東京国際フォーラムで行われました。はじめていきましたが広いですね。初日は迷ってばかりで、なかなか行きたいところに行けなかったです。
 

 
<当科からの発表>
〇中村センター長
パネルディスカッション6:局地災害にいかに対応するか
『局地災害への対応-3種類のDMAT-』
〇藤塚先生
主題関連セッション:(シンポジウム5)学会主導他施設共同研究について考える
『アナフィラキシーにおけるアドレナリン推奨投与方法は、持続静脈内投与である』
〇小橋先生
シンポジウム1:集中治療は予後を改善するか
『重症敗血症診療におけるICU専従医の意義』
〇劉先生
主題関連セッション:(シンポジウム1)集中治療は予後を改善するか
『温泉溺水の重症呼吸不全に早期リハビリテーションを行い早期ECMOおよび人工呼吸器離脱を達成した症例』
〇白戸
口演:中枢神経
『重度高血圧を認めない可逆性後白質脳症症候群の一例』

 
さて、今回は珍しく私も演題発表をしてきました。PRESという脳症についての発表でした。自分としてはまずまず珍しい症例報告として発表しましたが、座長の先生から言わせると「最近は有名になった」とのことでした。若干恥ずかしい思いをしながらでしたが、発表自体は問題なく終了しました。今後症例を重ねて論文発表までもっていきたいです。
 
 
ほかの発表で印象に残ったものは、「救急医の明日を語る」というワークショップでした。いろいろな意見がありますが、救急医は専門性がないと言われたり、夜勤が多いので若いときにしかできないと言われたりするので、将来に不安をかかえる救急医は少なくありません。そんな背景もあり、興味があったので参加しました。
 
過疎地や開業して救急医として働く方法もあるといった、珍しいパターンの意見も聞け、参考になりました。
 
 
今後の演題発表も含めて、学会に参加していきたいと思います。来月はアメリカの学会に行ってきます。


========

現在白戸先生は上に書いてある通り、『AHA scientific sessions 2015 in Orlando』に参加中です。帰国後の報告をお楽しみに!

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...