2015年10月18日日曜日

“移植医療”に関わる医療スタッフのあり方を考える。~日本赤十字社医療センター 林宗博先生ご講演~

町田です。
先日当院にて『移植医療講演会』が開催(主催:前橋赤十字病院、共催:群馬県健康づくり財団)され、日本赤十字社医療センター救命救急センター長の林宗博先生にご講演をいただきました。

日本赤十字社医療センター救命救急センター長 林 宗博 先生
 
 
移植医療に関して法律の改定が行われてからはいまでは珍しい治療ではなくなっていますが、それでも一般市民のみならず現場で命と対峙している医療スタッフもまだまだ抵抗感がないわけではありません。
林先生からは移植医療のことのみならず家族と向き合う医療スタッフの思いや役割、そして日々の診療からの取り組みの大切さを教わりました。



ちなみに林先生は僕が大学病院の初期研修医の時の医局の先輩であり、月に何度もオールナイトで集中治療室のベッドサイドにいながら多くのことを教えていただきました。
今回のご講演の中でも研修医時代に教わったことが何度も出てきており、懐かしい思いとともにあらためて恩師より医師として大切なことを教えていただきました。
15年たっても教わることだらけです。



LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...