2015年10月11日日曜日

ようやく新病院建設の起工式が行われました。

 10月7日、前橋赤十字病院の移転新築工事の起工式が建設予定地(前橋市朝倉町)でおこなわれました。日本赤十字社群馬県支部長である大澤群馬県知事や山本前橋市長をはじめ関係者約80名が出席しました。
 大澤知事から「最良の医療を提供できるようにしたい」というあいさつがあり、関係者がくわ入れして工事の安全を祈念しました。


 新病院については移転や土地の問題など様々なことがあり、かなりここまで来るのに時間がかかった印象が強いのですが、当院新病院建築委員会のメンバー、地元自治体の関係者の方々、そして住民の皆様のご理解ご協力のもとでようやく建築開始の日にたどり着きました。新病院の建設期間は2018年2月までで、会員予定は同年6月とのことです。

身体合併症に対応できる精神科病棟の設置、重傷病床の倍増化、地上ヘリポートの設置など、高度救命救急センターとしてもき脳の増強を図るとともに、自衛隊機も着陸できるような防災緑地兼ヘリポートなど災害医療設備を充実させ、基幹災害拠点病院として巨大災害発生時に備えていく予定です。
ドクターヘリ・カー、救急災害医療、集中治療を担う当科にとっては、どうしてもハード面で乗り越えられなかったことを新病院でかなえられることに大いに期待して、新病院の建設開始を今か今かと心待ちにしています。


尚、新病院建築に関わる情報や正式なご案内や病院ホームページ・新病院建設ブログなどをご覧ください。
☆ホームページ → http://www.maebashi.jrc.or.jp/new_hospital/
☆ブログ → http://kensetsu-maebashi.blogspot.jp/

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...