2015年3月7日土曜日

第65回日本救急医学会関東地方会に参加しました。

小林です。初投稿です。

もう1か月近く前の話ですは、2月9日にパシフィコ横浜で開催された『第65回日本救急医学会関東地方会』に、わたくし小林と、中野センター長、宮崎Dr、増田Dr、そして僕のスーパーオブザーバーとして小倉Drが参加しました。

 
 
新幹線で11時頃入りましたが、会場のパシフィコ横浜で同時にAKBのサイン会をやっていましたので、そちらの方に・・・いけません。
 
当科からは中野センター長が座長、3人がシンポジウム、一般演題で発表してきました。
 
<当科からの発表>
・中野センター長
座長:一般演題『病院前多職種連携』
・宮崎医師
シンポジスト:シンポジウム『SOS-KANTO:終了1年後。成果を交えて』
・増田医師
口演:『VV-ECMO導入にて救命し得た重症溺水の1例』
・小林
口演:『外傷蘇生中に急激な致死的高カリウム血症をきたした症例』
 
自分の発表にどんな質問がくるか緊張してましたが、事前の予演会でいろいろアドバイスを受けていたのでなんとか質問に答えることができひとまず安心。いろいろご意見いただきありがとうございました。
増田Dr、発表は見事。
小倉Dr、いろんな方面から声がかかっており、顔の広さを実感しました。

 
帰りは、せっかくだから横浜中華街へ・・・宮崎Drと紹興酒2本空け、新幹線内でぐっすり帰宅となりました。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...