2015年2月21日土曜日

大好評! 『第1回アナフィラキシー勉強会』 開催。

藤塚です。

2/17 当院で【第1回アナフィラキシー勉強会】が開催されました。
演者は、当院呼吸器内科 川田忠嘉先生と藤塚が担当しました。
川田先生は、アレルギー・アナフィラキシーについての歴史やメカニズムをお話しし、私は、アナフィラキシーの診断・治療を中心に講演させていただきました。



アナフィラキシーは、我々の身近に存在し、何かに接触する・食べるなどといった行為に常に関係します。アナフィラキシーとは、重篤なアレルギー反応であり、生命を脅かす疾患です。現在、『エピペン』と言われる自己注射型アドレナリン製剤も普及し、多くの人たちが使用できるようになっています。家族だけではなく、学校の先生(これまでに高校の先生に町田医師と一緒に講習をしております)や職場の人たちも使用しなくてはいけない時代です。適切な診断・治療が大切です。

非常に多くの先生方・救命士の方が参加していただき、167名も参加していただきました。好評のご意見を頂きました。ありがとうございました。




また悩んでいる先生たちも多く、こういう会を通じ、みなさんと交流し、よい地域医療を実践できればと思っています。次回開催乞うご期待!
 

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...