2014年12月26日金曜日

『教育』も医師の大切な役割です。~EM Alliance Education Fellowship を受講して~

藤塚です。
12/67に湘南鎌倉病院で開催された、EM Alliance Education Fellowshipに中村医師と一緒に参加してきました。


医師の役割として、臨床・研究・教育の3本柱があります。今回は、『教育』について学んできました。
実際には、成人教育は難しいです。ある程度考えを持った人たちが相手であり、行動変容を起こさせるのは容易ではありません。
 
今回はいくつかの講義のほかに、他の参加者とのディスカッションをする機会が多く、色々勉強になりました。皆、悩みは同じであり、しっかりとした教育システムが確立していない現状があり、これから整備をしていくという意見が多かったです。
 
 
現時点で、当科には
ER勉強会(学会・講習会等の報告、予演会、科としての決定事項検討など)
PreHospital 勉強会(病院前診療を中心に、明日から使用できることを検討)
・症例検討会
・他科の先生からの最新診療講義
・他
などを企画し、行っています。
 
今後、もっとも大切な日々の診療教育もしっかりとした体制を作り、充実させていきたいと思います。


☆前橋赤十字病院 高度救命救急センター 集中治療科・救急科は 『EMA研修病院』の仲間です。
詳細はこちらをどうぞ ⇒ http://www.emalliance.org/wp/hospital_membe/kant/maebashi

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...