2014年9月11日木曜日

『ESPEN 2014 in Geneva』 に参加しました。

宮崎です。
9月5~9日まで、スイスのジュネーブで開催された『ヨーロッパ静脈経腸栄養学会(ESPEN)』に、ICU 田中Ns 、栄養課 阿部管理栄養士とともに参加して来ました。
ESPEN 2014 in Geneve

ヨーロッパはもとより、日本、中南米からも多数の参加者がみられました。一般演題はほとんどがポスター発表だったのですが、日本からの発表は2-3割はあったのではないでしょうか?

グルタミンの効用、またはスイスならではの食品 チョコレートの効用についての題目等多数の講演も開かれておりました。
 

我々は、3日目のポスターセッションでの発表です。我らが小倉先生作成のポスターを貼り、回ってきた聴衆の質問に田中Nsが答える、という形式でした。
  残念ながらこの日は聴衆が少なく、質問者は2名のみ、という結果でした。(最終的には私が質問に答えてしまいましたが・・・)
 
左から、阿部栄養士、田中看護師、宮崎。


 スイス・ジュネーブは国際赤十字の本部がある都市です。ポスターセッション後、我々国際赤十字社本部、国際赤十字・赤新月博物館に見学に行きました。

 世界平和、貧困の撲滅に対しての赤十字の過去、未来の活動を見学に行きました。 
 
 
 
 


 今後も、小倉・藤塚先生のみならず、多数の人間が当院から世界に羽ばたいていくよう、努力を続けることの必要性を痛感しました。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...