2014年8月20日水曜日

1人でも多くの方の救助を祈っています。~広島市豪雨被害~

町田です。

休み中の僕の目に飛び込んできたニュースに驚きと悲しみがあふれてきました。広島市に夜中に多くの雨が集中したことで大きな被害が発生してしまいました。
8月20日21時のニュースの段階で死者36名、行方不明者7名で、残念ながら亡くなった方には小さなお子様や救助活動中の消防隊員が含まれているとのことです。

私の知り合いの多くの医療関係者もDMATとして災害対応に当たっているとのことです。災害対応している関係者の方々の安全を祈るとともに、1人でも多くの方が救助されることを心より願っております。

遠く離れていても必ず何らかの形で支援ができることを忘れずに・・・

2 件のコメント :

  1. 前橋赤十字病院のみなさん、ブログでの広島へのご支援ありがとうございます。
    県立広島病院救急科の多田といいます。
    現在の広島は、局地災害の難しさを感じつつ、急性期を乗り切り亜急性期を迎えています。
    DMATも解散し、それぞれの病院で搬送された患者さんの治療を継続しております。
    現場では、広島の赤十字原爆病院の方々と、ご一緒させていただき、日本赤十字の災害に対する活動に圧倒されました。
    ご支援ありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. 多田先生、山野上センター長、スタッフの皆様
      県立広島病院をはじめ広島の各機関の災害医療対応の迅速さは本当に見習うべきことばかりでした。ブログでも詳細を読まさせていただき、本日の当ブログにもリンクさせていただきました。
      前橋から大きな支援ができていない歯がゆさを感じていますが、何かの形で広島への支援を行っていきますので、長期戦になると思いますが体調を崩さずにがんばってください。これからも応援し続けていきますので、何か困ったことがあれば遠慮なくご連絡ください。

      削除

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...