2013年5月7日火曜日

警察・消防・医療の連係プレー!

町田です。

GWも終了し病院は通常業務に戻りましたが、救命救急センターはGWの忙しさの余波を引きずっていて、スタッフの院内PHSは鳴りっぱなし、ICUの入室依頼も次々ありました。2013年のICU新入室患者さんは300名を超えており、昨年の約1.3倍のペースです。スタッフが増えた分の重症ベッドも増やしてほしいのですが、そう簡単にはいかないのが悲しいところです。


美しい山の多い群馬県をGW中も多くの行楽客や登山家の皆さんに訪れていただきましたが、残念ながら群馬県でも山の事故が起きています。
中には救助が必要とする事案もあり、消防防災ヘリや県警ヘリが活躍していました。そして救助のプロからドクターヘリ医療スタッフに傷病者は引き継がれ、すぐに初療が開始されて安定した状態で根治治療が行える3次救急対応病院に搬送されました。
群馬県警ヘリ『あかぎ』(JA01GP)

県警ヘリからの引継ぎは久しぶりでしたが、防災ヘリクルーの方々と同様に県警ヘリクルーの方々とも群馬ヘリポートで毎日挨拶を交わしています。図々しいことで有名な僕は、群馬ヘリポート待機中によく防災航空隊の基地に行ってお茶をいただいたり、先日は警察航空隊の基地でコーヒーをいただいてしまいました。まさに顔の見える関係は確立されています。

県警ヘリからドクターヘリに引き継ぐためのルールは実はまだありませんが、消防が間に入りうまく連携を図ってくれています。今後さらにその関係を強化するために、今年も『群馬県ヘリ合同勉強会』を開催する予定です。今までは不定期の開催でしたが、今年度は年3回の定期開催の予定としました。さっそく6月に群馬県警航空隊、群馬県防災航空隊、群馬県ドクターヘリ、そして陸上自衛隊第12旅団があつまり、各機関同士の連絡体制について確認する予定です。

『群馬の空の連携は熱く固いですよ!』

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人が確認の上、公開の判断をさせていただいてます。状況によっては公開まで数日頂くことがありますのでご了承お願いします。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...